今朝は全国的に冷えて、釧路では初霜を観測しました。本州の山沿いでも初めて気温が氷点下になった所がありました。日中は、ほぼ全国的に秋を満喫できる陽気になるでしょう。東海以西も夜は羽織る物が必要です。

日差しは少なめ 夕方以降は傘の出番の所も

本州付近は高気圧に覆われますが、高気圧の中心が次第に日本の東海上に移るでしょう。北海道には前線を伴った低気圧が進んでくる見込みです。このため、日中は晴れる所が多いですが、西日本ではスッキリとした青空の広がる所は少ないでしょう。東海や関東地方は湿った東風の影響で、雲が多い天気です。ただ、時おり日差しが出ますし、雨は降らないので雨具を持つ必要はありません。一方、北海道や東北北部の日本海側は夕方以降は雨や雷雨となります。落雷や突風の恐れもありますのでご注意下さい。

北海道から初ものの便り

今朝はほぼ全国的にきのうより気温が低く、多くの所でこの秋一番の冷え込みになりました。特に、北海道は晩秋の冷え込みで、釧路地方の標茶では氷点下3度4分まで下がり、この秋全国で一番低くなりました(富士山を除く)。釧路では1.5度まで下がり、初霜を観測しました。平年より7日早く、昨年より4日早い観測でした。札幌の気象台からは手稲山の初冠雪の便りが届きました。平年より5日早く、昨年より2日早い観測でした。また、本州の山沿いも冷え込みが強まり、岩手県藪川では氷点下0.7分と、本州で初の氷点下となりました。

秋服が活躍する一日に

日中の最高気温は、九州南部と四国は25度以上、九州北部から東海は23度前後、関東から東北は20度前後、北海道は15度以下の所が多い予想です。九州北部から東海は昼間は半袖でも過ごせますが、日が沈むとヒンヤリしますので、羽織る物が必要です。関東や北陸は長袖のシャツ一枚で、快適に過ごせるでしょう。東北は昼間も上着が必要です。北海道は南風の影響で、きのうより3度前後高くなり、この時期らしい気温に戻るでしょう。また、夕方以降は各地でぐっと冷えますので、上着を一枚余計に用意するなど、風邪を引かないようにご注意下さい。