きょう13日、関東はドンヨリで、一時的に雨の所も。気温は昼間も20度に届かず、肌寒い。北陸や東北、北海道も冷たい空気に包まれ、日本海側は所々で雨。

関東 昼間も上着が欠かせない 念のため雨具も

関東地方、きのうの晴れは束の間で、きょうは朝から雲に覆われています。北東から流れ込む湿った空気の影響です。きょうは一日雲が主役。南部を中心に雨の降る所もあるでしょう。雨は降っても短い時間で、降り方は弱いですが、雨具を持っておくと安心です。
気温は、朝からほとんど上がりません。最高気温はきのうよりも5度前後も低く、東京都心で18度など、各地20度に届かない見込みです。下のリンク、「関東この秋一番肌寒い 11月上旬並み(石槫予報士の記事)」にあるように、きのうとは一転してヒンヤリした一日となりそう。上着やストールなどで、暖かくしてお過ごしください。

北陸以北 日本海側は曇りや雨 晴れる太平洋側もヒンヤリ

北陸や東北、北海道には、大陸からの冷たい空気。日本海側の各地はきょうも雲が多めで、所々で雨。今朝雨が降っていなくても、急に雨が降りだす可能性がありますので、念のため傘をお持ちください。一方、東北から北海道の太平洋側はおおむね晴れますが、冷たい西よりの風が吹いて、気温はあまり上がりません。
最高気温は、北陸と東北南部はきのうより3度前後低く、金沢で19度、仙台で18度など、20度に届かないでしょう。仙台など、晴れる所でもヒンヤリと感じられそうです。東北北部と北海道はきのうと同じくらいで、盛岡と札幌で14度など15度に届かない所が多い見込み。旭川で11度など、北海道の内陸は10度前後までしか上がらず、厚手の上着が必要な寒さです。

東海から西 雲は多めでも晴れ間あり 昼間は快適

東海から西の各地は、きのうに比べると雲が多めですが、日差しはあるでしょう。最高気温は、名古屋と福岡で23度、高知で25度など、23〜25度と、快適な陽気です。

あす 晴れのエリア広がる 関東のヒンヤリは解消

あすは、東海から西に加え、関東や北陸も晴れて快適な陽気になるでしょう。東北や北海道も晴れ間が出ますが、空気は冷たいまま。さらに、気圧の谷が通過するため午前を中心に急な雨に注意が必要です。
週末は全国的に晴れて、東北や北海道の肌寒さも和らぎそう。絶好の行楽日和となりそうです。