都心は雲ひとつない、クリアな青い空が広がっています。都心の正午の天気は約2週間ぶりに「快晴」です。午後も晴天が続き、きれいな青空を楽しめるでしょう。

すっきり青空

きょう15日(土)、都心はすっきりとした青い空が広がっています。見渡す限り、雲はほとんどありません。都心の正午の天気は10月2日以来、約2週間ぶりの「快晴」です。
関東地方は高気圧にスッポリと覆われています。各地で日差しがたっぷり降り注いで、気温は正午までに20度を超えている所が多くなっています。また、湿度も30%から40%くらいと、「カラッと秋晴れ、さわやかな陽気」です。午後も晴天が続く見込みです。きれいな青空の下、行楽を楽しめそうです。

箱根から見た富士山(写真提供:東京都在住、鈴木様 午前6時前に撮影)
箱根から見た富士山(写真提供:東京都在住、鈴木様 午前6時前に撮影)

あすは雲が増える

あす16日(日)は、高気圧の中心が関東の東の海上へ移動します。湿った空気が流れ込みやすくなるため、きょうのようなスッキリ青空とはいきません。午前中は日差しが届くものの、午後は曇り空に変わるでしょう。青空の写真を撮るなら、きょうがおすすめです!