17日(月)雨の中心は東から北へ。東海や関東、北陸は一日傘の出番。東北や北海道は午後は雨や雷雨に注意。西日本は次第に天気は回復。夏日、真夏日続出で季節は足踏み。

雨の中心は東から北へ

16日(日)は九州や中国・四国は雨で、鹿児島や宮崎など九州南部ではバケツをひっくり返したような激しい雨が降った所もありました。17日(月)は九州は次第に天気回復。中国・四国から近畿は朝の通勤・通学の時間帯は雨脚の強まる所がありますが、昼頃にはやむ見込み。雨の中心は東から北へ移ります。東海や北陸は昼過ぎまで雨や雷雨で、激しく降る所もありそうです。関東は雨が降ったりやんだりの一日で、沿岸部を中心に雨脚の強まる所があるでしょう。東北や北海道は午後を中心に雨や雷雨となるでしょう。北海道は大気の状態が非常に不安定です。17日夕方から夜遅くにかけては急な強い雨や落雷、竜巻などの突風に注意が必要です。

予想最高気温
予想最高気温

冬日地点なし 西は夏日・真夏日続出

17日(月)の朝は冷え込みは緩みます。最低気温が0度未満の冬日地点はゼロの予想(冬日地点:16日は10地点、15日は103地点)。日中は西日本中心に夏日・真夏日続出となりそうです。最高気温は近畿から九州、沖縄の約8割で25度以上の夏日。九州南部から沖縄は30度以上の真夏日予想。昼間は半袖でも汗ばむくらいとなりそうです。一方、雨の関東は平年より低く、東京の最高気温は18度。昼間でも上着がないとヒンヤリしそうです。

火曜から金曜まで晴れて暑い

18日(火)から21日(金)までは全国的に晴れて、気温は高め。西日本は最高気温25度以上の夏日の日が多く、東京など関東でも夏日の日がありそうです。ただ、20日(木)は北海道は平地でも雪の所がありそうです。季節は3歩進んで2歩下がる感じで、行きつ戻りつつ少しずつ深まっていきます。服装でうまく調節し、体調管理にご注意下さい。