20日の夜から北日本を中心にこの秋一番の寒気が流れ込む予想です。21日9時の予想天気図は、北日本を中心に西高東低の気圧配置で冬によく見られるような気圧配置となっています。

北海道は平地でも雪(〜21日朝)

21日9時の上空約1500メートルの寒気の予想で見ると、平地で雪の降る目安の氷点下6度以下の寒気が北海道をすっぽりと覆うでしょう。20日の夜には北海道から続々と初雪の便りが届きそうです。

東北北部でも高い山は雪(〜21日朝)

また、東北北部の上空約1500メートルにも0度以下の寒気が流れ込み、21日朝にかけて高い山は雪になる可能性があります。1000メートル以上の山岳道路(八幡平アスピーテラインなど)では、路面凍結の恐れがあります。東北北部では紅葉がピークを迎えつつありますが、週末に車でお出かけを予定されている方は注意が必要です。あらかじめ、タイヤチェーンなど冬の装備を用意されたほうがよいでしょう。