きょう19日、関東から九州にかけては、きのうに比べると日差しが控えめ。太平洋側では所々でにわか雨がある見込み。急な雨に備えて、念のため傘を。

関東はパラパラ 東海から九州は雷雨の所も

ザックリと見ると、日本付近は高気圧の圏内。この高気圧の中心に近い、北海道や東北、北陸にかけては、一日を通して晴れる見込み。
一方、関東から九州にかけては、日差しはあっても雲が広がりやすく、スッキリしません。
「関東」には、北東からの湿った空気が流れ込みます。夕方から夜のお帰りの時間帯に雨の降る所がある見込みです。こちらは、降り方は弱いですが、傘があると安心です。
「東海」と「近畿から九州の太平洋側」は気圧の谷の影響で大気の状態が不安定。昼過ぎから所々で雨雲がわいてくるでしょう。局地的にはカミナリを伴い強く降る見込みです。

きのうほどではないが「暑い」

最高気温は、きょうも全国的に「この時期としては高い」予想です。雲が多めの関東から九州は、きのうほどではありませんが、それでも広い範囲で25度くらいまで上がる見込み。昼間は薄着で良さそうです。

あす 北海道で「雪」に

あすは、関東から西の各地は晴れて、にわか雨もほとんどない見込みです。
一方、気圧の谷が通過するため、北陸から北では所々で雨が降ります。
午後は「北海道」に、この時期としては強い寒気が流れ込んでくるため、グッと気温が下がり、日本海側を中心に雪になる所がある見込みです。あさって金曜日にかけて、平地で雪が積もるおそれも。車の運転は冬の装備が必要になりそうです。