土日は強い寒気が東日本や西日本にも流れ込むでしょう。東北や北陸の上空では数年に一度レベルの寒気が予想されています。日本海側は大雪に警戒。太平洋側で積雪の所も。今シーズン一番の寒さにも要注意。

◆今シーズン最強寒波 大雪に警戒を

北日本の上空約5000メートルには氷点下36度以下の強い寒気が流れ込んでいます。北海道や東北、北陸は日本海側を中心に冬の嵐となっています。雪が降り、山形県の尾花沢市で午後3時までの24時間に62センチの雪が降りました。東北の太平洋側でも所々で積雪となり、仙台市内でも雪景色となりました。
今回の寒気のピークは土曜日、日曜日です。北日本の上空には氷点下42度以下のさらに強い寒気が流れ込み、東日本と西日本の上空にも氷点下30度以下の強い寒気が流れ込みそうです。特に、東北、北陸の上空では数年に一度レベルという強い寒気が予想されています。
このため、北海道から北陸の日本海側はさらに雪の量が多くなるでしょう。大雪や猛吹雪で交通機関に大きな影響のでる恐れがあります。土曜日と日曜日は近畿北部から山陰でも広く雪で、大雪となる可能性があります。九州北部でも雪が降りやすい見込みです。
さらに東海や近畿中部・南部、山陽、四国の山沿いでも雪の量が多くなり、平地でも積雪となる所があるでしょう。普段、雪に慣れていない地域で積雪となる可能性がありますので、交通機関への影響にご注意下さい。センター試験がありますが、受験生の方は時間に余裕を持った行動を心がけた方が良さそうです。土曜日は関東でも一時的に雪雲の流れ込む可能性があります。

◆土日は今シーズン一番の寒さ

土日は寒さが一段と厳しくなるでしょう。日中も気温の上がり方は鈍くなり、名古屋、大阪など所々で今シーズン一番の寒さとなりそうです。朝晩は冷え込みが厳しく、特に日曜日は全国のアメダスの8割以上で氷点下の冷え込みとなるでしょう。東京も日曜日の朝は今シーズン初めて、氷点下の冷え込みとなる見込みです。万全な寒さ対策をしてお過ごし下さい。特に受験生の方は手がかじかまないよう手袋やカイロなどがあると良さそうです。