女子テニスで元世界ランク4位の伊達公子は27日、自身の公式ブログにて「2016年9月26日にMikeことMichael Krumm と離婚したことをご報告させていただきます。」と、離婚を報告した。

「2001年12月1日に結婚し、その1年前から2人での生活を始めていたので約16年間を共に過ごしてきました。2人で長い時間をかけて話し合い、これからは別々の道を進むことを決めました。」と伊達。

続けて「16年間の時間はやはり短いものではなく、寂しさは当然感じますが、お互いがHappyでより良い人生を送るための決断です。離婚をしたこれからもその関係は大きく変わることはなく、友達として会うこともあるでしょう。残念な形での報告にはなりますが、今後も2人を見守っていただければと思います。」と綴った。

また、元夫のMichaelは「公子と僕は、協議離婚することに同意しました。 友好的に、お互いの理解を持ってその結論に至りました。」

「ここ数年、僕達はお互いの道を突き進み、そしてそれぞれの活動をいつもサポートし合い、励まし合ってきました。僕は、きっと公子が僕に対してそうであるように、彼女が今後何をしようともいつもサポートし続けていきます。」と、伊達のブログにて報告していた。

2008年4月に現役復帰を果たした45歳の伊達は今年5月に左膝の手術を受け、現在は休養を取りツアー大会から離れている。