11月13日からイギリス/ロンドンで開催されるワールドツアー・ファイナル出場を目指す錦織圭が公式ブログで、今季残りの大会への意気込みを語った。

先週、今週と大会には出ずイベントなどに出席している錦織だが、10月3日から始まる楽天ジャパンオープンからまた出場大会が続く。

26日に更新したブログでは「先日から残りのシーズンに向けてトレーニング、テニスを始めました!」とギアを入れ直したことを明かした。

さらに「今年の夏は今までで一番充実したハードコートシーズンでした」と、ロジャーズカップでの決勝進出、全米オープンでのベスト4など好成績のシーズンを振り返った。

特に「マレー(アンディ・マレー/イギリス)に勝てたことがまたひとつなにかレベルアップしたんじゃないかと思ってます」と自信をのぞかせている。

またデビスカップでのダニエル太郎と西岡良仁の活躍を称え「本当に若手2人が頑張ってくれていい試合見せてくれて嬉しかった」と日本をけん引するエースらしい一面も見せた。

「最後のロンドン目指して残り4大会頑張ります」という錦織。楽天オープンのあとは、上海ロレックス・マスターズ、スイス・インドアーズ・バーセル、BNPパリバ・マスターズに出場する。

(選手コメント引用元:http://blog.keinishikori.com/2016/09/us-open-4.html)