JR東日本と日立製作所はこのほど、対話型のヒューマノイドロボットを活用した訪日外国人利用客との質問応答の実証実験を東京駅で共同実施すると発表した。
 
日立製作所が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」を使用。東京駅を発着する列車の案内や、駅構内・周辺施設(外貨両替所、コインロッカー、トイレなど)、東京駅周辺の観光名所などの質問に日本語・英語・中国語で応答する。

実証実験は10月3日から10月28日にかけて東京駅「JR EAST Travel Service Center」にて実施。実証実験の概要など詳細は同社ホームページ内リリースに掲載されている。