なぜリテラシーが高いエリート層に、経済ニュースをネットではなく「紙」で読む人が多いのでしょうか。新聞は見出しを読むだけで内容が理解でき、記事の大きさや取扱いによって、ニュースの重要性がわかるため、時間に追われるエリートの情報収集活動に最適だからと説明をしてきました。

 エリートに選ばれている情報源、紙の新聞は経済ニュース初心者にこそ、大いに活用してほしいと思います。今回は経済の初心者がネットニュースより「紙」を読んだ方がいい理由について、さらに深く考えてみましょう。(解説:報道イノベーション研究所 松林薫)

経済や経営の知識を学びながら、情報収集ができる“紙”の新聞

 経済ニュースを本当の意味で理解し、活用するには、まず「経済が動く仕組み」や「動きのパターン」を知っておく必要があります。初心者が記事を読んで「何が起きているかはわかったけど、本質を理解した気がしない」と感じるのは、多くの場合、そうした基礎知識がないことが原因です。単に「暇つぶし」や「一喜一憂するため」に読むならともかく、一段、高い次元からニュースを観察するには、まず経済の全体像を俯瞰できる目を持つ必要があるのです。

 実際、やみくもに記事を読んでも、理解が自然に深まっていくことはありません。経済用語や雑学的な知識は増えていくでしょうが、それらが頭の中で相互に繋がって、応用がきく形に変わるにはとんでもない時間が必要だからです。経済ニュースを「読みこなす」ためには、少し遠回りに見えても、経済の「仕組み」や「流れ」をまとめて勉強しておく方がいいのです。言い換えれば「体系的な知識」を獲得する必要があるわけです。

 そうした知識の体系としては「経済学」や「経営学」があります。大学などでこうした学問の基礎を学べば、ニュースを理解する上でも大きな助けになるでしょう。ただ、一般の人が独学で経済学を一から学ぶのは大変ですし、実際に記事を読む上で必要とされるのは経済学の体系の中のほんの一部です。記事を読むためだけに経済学を勉強するのはあまりにも非効率でしょう。そう感じる人にとって、次善の策として手軽なのが、新聞で経済の「仕組み」や「流れ」について学ぶ方法なのです。