動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=uvuX8KPbHJU
 トヨタ自動車とスズキは12日、業務提携に向けた検討を開始すると発表した。自動運転などの先進技術に課題を抱えるスズキと、環境や安全技術開発での連携や標準化の面で欧米メーカーに遅れを取っているトヨタの両社の課題を解決するために業務提携が有効だと判断した。

 同日会見したトヨタの豊田章男社長とスズキの鈴木修会長は、業務提携の具体的な内容や、今後資本提携も視野にあるのかなど詳細について「具体的にはまだこれから」と述べた。

 鈴木会長は、「独立した企業として経営していくことには変わりない。しかし自動車の技術開発の環境は激変した。良品廉価が車作りでは行き詰まるのではないかという危機感を持っている」と提携検討について述べた。

 豊田社長は「トヨタはアライアンスが苦手。変化に対応する力、臨機応変に対応できる力を磨くことが必要だが、コンセンサスを作る力や周囲を巻き込む力が大切になってくる。スズキはそこに長けている」と語った。