電車に揺られて生ビールでカンパーイ──!日本初の鉄道が新橋駅と横浜駅を結んだ「鉄道の日」である10月14日の夕刻、京浜急行横浜駅にオリジナルのヘッドマークを掲げた「京急×キリンビール横浜工場90周年記念ビール電車」が入線した。

金曜夜の電車で生ビール。京急初の一夜限りの夢列車

 列車は4両編成で、うち客席は2車両。発売後5分で完売したという3,000円のプラチナチケットを手にした約80人の乗客が乗り込んだ。

 川崎方面に走り出した電車は、まずキリンビール横浜工場最寄りの生麦駅で停車。工場直送の「一番搾り」と「横浜ピルスナー」の生ビールを積み込み、キリンビール横浜支社長・藤本昭三さん、横浜工場長・勝間田達広さん、醸造部長・岡田義宗さん、ビアガールなどキリンビール関係者も乗車した。

 電車は、川崎駅でスイッチバックのように折り返して大師線に突入。普段の運行では行われない京急本線から大師線への入替に車内で歓声があがった。

「ビールによく合う弁当」や工場限定おつまみにも舌鼓

 車内ではビールのほか、一番搾りに合うように崎陽軒が開発した「ビールによく合う弁当」やキリンビール工場限定のおつまみスナックも提供された。参加者の多くは沿線在住・通勤者で、この日のために会社で半休をとったという人も。「最高です」「お弁当がビールに本当によく合う」と、大満足の様子だ。

 今回の企画は、京急電鉄とキリンビールの双方が、横浜発祥であり神奈川県を地盤とする企業として、いつか一緒に手を組みたいと温めていた構想を、キリンビールの90周年と、10月1日のビール工場リニューアルが重なったことを機に実現。

 キリンビール横浜支社長の藤本さんは「第二弾、第三弾も今後ぜひやりたい。『みさきまぐろきっぷ』のように三浦半島を含めた神奈川県の魅力をともに伝えたい」と意気込みを語った。

 その後、列車は大師線を2往復し、京急川崎に到着。約2時間の旅を終えると、車内から「もう1往復!」と声が飛ぶ中、解散となった。

(紀あさ)