27日の近畿地方は、高気圧に覆われ朝から晴れ間がみられるところもあるが、湿った空気の影響で雲が広がっている。これに伴い、気温の方も昨日に続き上昇しており、大阪管区気象台によると、大阪市内では正午までに最高気温30.5度を観測した。

気象台など熱中症など健康管理への注意を呼びかけ

 同気象台によると、大気の状態が不安定となるため雨や雷雨となるところがあるという。また、大阪府内では高温が予想されるため、熱中症など健康管理への注意を呼びかけている。

 大阪市中央区の道頓堀周辺では、ジメジメした暑さのもと、多くの観光客らが記念撮影などを楽しむ。近くのなんば駅前では、ビルの屋上に設置している電光掲示板で「32度」と表示されており、信号待ちをしていた人らが「そら暑いわ」などと話す光景もみられた。

 同気象台によると、あす28日の近畿地方は、前線が次第に南下するため昼ごろから雨となり、雷を伴い激しく降るところがある見込みだという。

地図URL:http://map.yahoo.co.jp/maps?lat=34.666312628778&lon=135.49885779595&z=18