●フレンチ・ブルドッグ『ベーブ』(14歳)

 犬は人類の最古にして最高の仲間だと言われるが、家庭犬の存在は比較的新しい。我が国で、庭先に繋がれた番犬や猟犬に代わって、家族の一員として家の中で人と同じように暮らす犬が当たり前になったのは、ここ10年余りのことだ。ターニングポイントとなったのは、2000年代のペットブームであろう。そこから現在に至る『愛犬10年物語』。「流行」を「常識」に変えたそれぞれの家族の10年を、連載形式で追う。(内村コースケ/フォトジャーナリスト)

8年ぶりの再会

 僕が初めて車いすで元気に海岸を走り回るフレンチ・ブルドッグのベーブくんに会ったのは、2008年2月27日のことだ。それから8年半余りの歳月を経て再会した彼は、だいぶ老犬らしい顔つきになっていたけれど、愛嬌のあるベビーフェイスは相変わらずだった。いや、若い雄犬特有のギラギラ感が抜けて、むしろ愛らしさが増しているように感じた。なんせ14歳である。小型犬の中では比較的短命とされるこの犬種としては、かなりの大御所だ。

 「ヘルニアの持病があるからといって、決して短命だというわけではないんですね」。少々失礼かつ的外れな質問だとは思いつつ、同じフレンチ・ブルドッグの飼い主として、14歳で元気な様子が嬉しくなってついそう口にしてしまった。「過保護にしているからでしょうかね。ヘルニアになった分、無理をさせていないから」と、ベーブを肩に抱え続けてすっかり腕が屈強になったという石川雅之さんは言った。

 雅之さんと奥さんの東西(はるあき)さん、ベーブは、神奈川県葉山町の海辺の一軒家に暮らす。雅之さんは趣味のカヌーを颯爽(さっそう)と乗りこなすが、もともと湘南ボーイだったわけではない。ベーブを迎えて2年後の2005年に埼玉県から越してきた。「犬を飼いたかったのは僕です。湘南にあこがれていたのはこっち」と、東西さんを指す。雅之さんは実家で小型犬を飼っていたこともあり、ブームだったし、なんとなく、しかし「とにかく犬を飼いたい」と強く思った。何軒かペットショップを巡り、ベーブに一目惚れした。「私は動物と暮らしたことがなかったから、正直嫌でした(笑)」と東西さん。「自分で世話をすると言っていましたが、昼間家にいるのは私。結局私が世話をするのは分かりきっていましたから」。「まるで小学生だな」雅之さんも苦笑いだ。