小池百合子・東京都知事は7日午後4時30分より、東京都庁で定例記者会見を開催した。

 豊洲新市場の盛り土について小池都知事は、実態解明に向けてさらに情報収集を進める方針を前回の定例会見で明言している。また、先日開会された都議会においても盛り土について集中審議を行うなど、その行方が注目されていた。

東京特区の推進共同事務局を設置の件

東京新聞:これより知事の定例記者会見を始めます。知事、お願いします。

小池:公務の関係で今日の定例記者会見、4時半となりました。ご協力ありがとうございます。まず私のほうから3点、お話、ご報告がございます。まず東京特区推進共同事業、ちょっとふわーんとなるのは大丈夫でしょうか。事業局の立ち上げについてのご報告でございますけれども、10月4日に東京特区の推進共同事務局を設置をいたしまして、その国家戦略特区の取り組みを強力に進めることといたしましたので、お知らせをしておきます。

 これすでにお伝えもしたところでございますけれども、9月9日の時点で国家戦略特区の諮問会議に私、出席をいたしました。そして私のほうから安倍総理に、事務所の、事務局の共同事務局の設置を提案したものでございます。それ以降、国と都の協議が急ピッチで進みまして、10月4日、火曜日の時点で、設置が決定をされました。

 構成員につきましては、ここに出ておりますけれども、事務局長には東京都都政改革本部で特別顧問をお務めいただいておりまして、また内閣府の特区ワーキンググループの委員でもおられます、鈴木亘、学習院大学経済学部の教授にお願いをしたところでございます。

 東京都は政策企画局も含めて、5部局の部長を構成員としておりますけれども、今後取り扱いテーマによりましては適宜、その必要なアドホックで参加してもらうこととなります。で、これによりまして、鈴木事務局長、内閣府、都庁の関係部局が規制改革について一堂に会して議論をして、スピーディーな意思決定ができるものと、このように期待をいたしております。

 で、テーマでありますけれども、待機児童の解消。国際金融都市の実現に加えまして、介護施設不足の解消、女性活躍、働き方改革、セーフシティに向けました都市整備など、選挙公約に盛り込みましたいくつかのテーマで、規制改革関係のものがございますので、ここで進めていくということでございます。これまで活用していない、もうすでにあるけれども、規制の改革をしたけれども、それがあまり使われていないといったような、そういったメニューももう一度掘り起こしまして、そして経済の活性化とあと東京の再活性化につなげていきたいと思います。

 それから、国際金融都市の実現に向けた東京駅前と、それから虎ノ門地区へのインターナショナルスクールの誘致についても前にお伝えしたと思いますけれども、失礼。共同事務局のこれも取り扱い事例といたします。現在、民間事業者ですけれども、国際機関の認証、または海外政府の認定を受けました、高水準のプログラムを提供する学校の誘致を目指しておりまして、今後、容積率や税制などの面で、これらの取り組みをサポートしてまいります。このテーマにつきましては、自治体、民間事業者と議論を重ねまして、現場のアイデアも吸収していきたいと考えております。

 そしてこれらの成果につきましては、今後の東京都の重点施策や予算等にもしっかりと反映させてまいります。そして、せっかく共同事務局がこの都庁内にできたということで、いわゆる看板掛けのセレモニーがございまして、担当の、政府のほうのご担当は山本内閣府特命担当大臣ということになりますけれども、山本大臣は、私はいつも山本幸三っていうお名前なので、幸三改革、幸三改革といつも呼んでいた、私の仲間でもございますけれども、ちょうど国会の日程等もありまして、共に看板掛けをするタイミングは探ってまいりたいと思いますが、すでに事業はスタートをしたということでございます。詳細につきましては、政策企画局が担当しておりますので、お問い合わせいただければと存じます。