インドで開催中のAFC・U-16(16歳以下)アジア選手権で、2試合連続で2ゴールをマーク。連勝スタートを切ったU-16日本代表をけん引している15歳のFW久保建英(たけふさ)に注がれる視線が、ピッチの内外でますます熱気を帯びてきている。

 FC東京U-18に所属しながら、トップチームの公式戦に出場できる「2種登録選手」として追加登録されたのが今月16日。その数日前からメディアで報じられていたこともあり、スペインの名門バルセロナの下部組織で育った逸材に関して、FC東京にはこんな問い合わせが数多く寄せられている。

「いつJ1でデビューさせるのか」

 久保の生年月日は2001年6月4日。終盤戦に入った今シーズンのリーグ戦のピッチに立った時点で、FW森本貴幸(当時東京ヴェルディ)がもつ15歳10ヶ月6日のJリーグ最年少出場記録を大幅に更新し、森本に次ぐ史上2人目の“中学生Jリーガー”となる。

 4年後の東京五輪でのメダルを託されるエース、さらには将来のA代表へとつながる新たなステップを踏み出すことになるが、予想を上回る反響の大きさにFC東京の立石敬之ゼネラルマネージャー(GM)は苦笑いを隠せない。

「(Jリーグに)登録しただけなんですけど、マスコミの方はちょっと加熱しているところがあるので。ただ、そういうタレントではありますよね。日本サッカーの将来を背負って立つというね」

 登録上ではJ1でプレーすることが可能になった久保だが、今回はトップチームへの「昇格」ではなく、あくまでも「2種登録選手」となる。インドから帰国後も基本的にはFC東京U-18の一員として日々の練習に打ち込み、週末の試合に備えるサイクルはこれまでと変わらない。

 トップチームの練習は原則として午前中に行われるため、義務教育中の久保が参加する予定も現時点で立てられていない。それでも久保を追加登録した理由を、立石GMはこう説明する。

「(U-18の)高校3年生のうち、大学への進学が決まった選手たちを2種登録選手から外して、来年期待している選手たちを登録した。そのなかに久保も入ったわけです。ただ、彼はU-18の試合でも途中出場が多いので、まずはU-18でレギュラーをとること。そのなかでタイミングが合えば上(のカテゴリー)でやらせるかもしれないけれども、まずはU-18でしっかりとやらせます」

 高校3年生の進路が決まってくる9月に入って、FC東京は2種登録していたU-18所属の4選手を抹消している。代わりに今シーズンの登録期限となる16日に、久保と同じくU-16日本代表に選出されている16歳のMF平川怜を追加。前者には背番号「50」が、後者には「14」が与えられた。