ここ最近、メジャーリーグでは、ズボンの裾をひざまで上げて、ストッキング、ソックスを見せて履くクラシックスタイルのユニホームの着こなしが、じわじわと広がっていることを18日付のニューヨークタイムズ紙が特集した。マリナーズのイチローが、ずっと貫いてきた着こなしのスタイルだ。

 同紙は、「ストッキングを外に出す選手が増えてきており、ストッキングの上から着用する、スターラップスを取り入れている若い選手も出てきた」と報じている。ちなみにスターラップスとは、白いストッキングの上からもう一枚履く野球用の靴下で、足の甲と踵の部分がU字にくりぬいてあり、足の裏にストラップをかけて着用する。チームによってデザインが決まっており、黒や紺、赤などチームカラーを採用。米国では、馬に乗るときに足をかける鐙(スターラップス)に似ていることからスターラップスと呼ばれている。

 メジャーでは90年代からユニフォームのズボンをくるぶしまで下げるか、ズボンのすそをスパイクの踵にかけるようにして着る選手が多かったが、ここにきて原点に帰る傾向が見えてきたというのだ。

 同紙は、ズボンの裾をあげて、ストッキングを外に出す選手、さらにその上にスターラップスというソックスをつけている若い世代の選手たちを何人かを紹介している。

 インディアンスのフランシスコ・リンドーアは父親からのアドバイスに従ってスターラップスをつけているという。レイズの26歳の遊撃手、ブラッド・ミラーもスターラップス派で、ツイッターのアカウント名は「ブラッド・スターラップ」。ミラーのチームメートの27歳右腕のクリス・アーチャーもスターラップスを着用しており、記事中に名前が挙げられている。

 メッツのカーティス・グランダーソンもそうで、高校時代から「ニグロリーグ」へ敬意を示すために、ストッキングを上にあげているという。しかし、スターラップスは着用していない。グランダーソンは足のアーチ部分にストッキングとスタラップスが二重になってしまう部分が出来て不快感があるそうだ。

 このニューヨークタイムズ紙の特集記事は、野球とストッキングの歴史についても触れている。

 レッドソックスやホワイトソックスというチーム名が、そのチームを識別するためのストッキングの色に由来しているのは、広く知られているところだが、1860年代の選手たちは、色のついたストッキングを履き、ふくらはぎを見せることで、女性ファンにアピールできると考えていたと報じている。イチローのユニフォーム姿を見ると、さもありなん、と言ったところか。