「マジック1」で王手をかけていた日ハムが27日、西武プリンスドームでの西武戦に0−3で敗れ、マジック対象チームのソフトバンクも同日、QVCマリンで行われたロッテ戦に3−2で勝ったため、4年ぶり6度目の優勝は、明日以降への持ち越しとなった。勝てば優勝の決まる日ハムは、この日、スタメンから外した大谷翔平が、明日28日の西武戦に先発。一方、西武の先発は、大谷の母校、花巻東の先輩、菊池雄星。また明日もロッテと続けて対戦するソフトバンクは武田翔太が背水のマウンドに立つ。

 日ハムの先発、吉川が立ち上がりに苦しむ。先頭の秋山に死球を与えると、続く外崎に“逆球”を綺麗に引っ張られ、レフトへ先制の2ランを許した。
「もったいなかった」とは、吉川の談話。2試合連続の本塁打を外崎に打たれ2点を追う展開となった。
 吉川は、マーティンの故障で、急遽、9月7日から臨時ストッパーに指名されたが、思うような結果を出せないでいると、栗山監督は迷わず先発に再転向させて優勝のかかる大一番を任せたのだ。

 試合前、恒例の円陣では“声だし”に栗山監督が指名された。栗山監督は大きな声を出した。
 「自分が一番苦しい。おれを救ってくれ」
 チームは、大逆転ドラマのフィナーレにこれ以上ないほど一致団結していた。

 しかし、西武の先発・岸はストレートが冴えて4回二死まで一人の走者も許さない。4回二死から陽のひっかけた三塁ゴロを外崎が一塁へ悪送球。記録はエラーでパーフェクトはなくなったが、続く中田を一塁へのファウルフライに打ち取りノーヒットピッチングを続ける。「最近のファイターズ戦いを見ていて抑えられるイメージが沸いていなかったが、銀(炭谷)がうまくリードしてくれていい形になった」と、試合後の岸。
 明日の西武戦に先発させるためスタメンから大谷を外した日ハム打線はインパクトに欠けた。

 5回一死から岡がセンター前ヒット。レアードは見送りの三振に倒れたが、二死から大野を迎えたところで、岡が盗塁を仕掛け、炭谷の送球もそれて、二死三塁に進んだが、大野も変化球にタイミングが合わずに三振。6回も一死一、二塁のチャンスを作るが、陽、中田のクリーンナップが不発に終わる。