ソフトバンクの松坂大輔(36)が2日、コボスタ宮城で行われた楽天戦の8回に中継ぎとして移籍後初の復帰マウンドを踏んだ。日本での1軍での公式戦登板は、西武時代の2006年10月7日、ソフトバンクとのプレーオフで登板して以来、3648日ぶり。

 だが、ストライクが入らず、4者連続の四死球、3者連続のタイムリーなどで、打者一巡を許す散々の内容で1イニングに5失点。試合後、工藤監督から2軍行きを通告され、期待されていたクライマックスシリーズでの登板は消滅した。契約年数は来年1年残っていて、松坂自身も来季の再起に強い意欲を示すが、復調への手がかりは何ひとつ見えず、引退危機という厳しい現実を突きつけられた。
   

 敵地のコボスタ宮城が異様な空気に包まれた。

 0−2で迎えた8回、松坂の名がアナウンスされると同時に大歓声が起きたが、その記念すべき復帰登板が、え?え?え?の連続でアウトが取れないのだ。キャッチャーも、ベテランの細川に交代して、先頭打者として嶋を迎えたが、ボールが3つ。4球目に144キロのストレートでストライクをとるが、次にインサイドに動かしたボールが外れて四球で歩かせた。

 バントの構えをした島内には、ボールがひっかかって避けようとした足にデッドボール。無死一、二塁で、梨田監督は、予告どおり藤田に代えて、西武時代のチームメイトでメジャーでもレッドソックス対ロッキーズのワールドシリーズで対戦した松井稼頭央(40)を代打に送ったが、またボールがひっかかって足元にぶつけた。無死満塁となって、ペゲーロに対しても、力んでストライクが入らない。カウント3−0から、ひとつストライクをとったが、結局、押し出しの四球。

 続くウィラーへの初球も、ショートバウンドとなり、細川が後逸して(記録パスボール)さらに1点。ウイラーは、ショートゴロに打ち取ったが、その間に松井が生還して3点目。ここから、新人王候補の茂木、アマダー、銀次に3連続タイムリーヒット。制球が安定しないのでストライクを取りにいくストレートに照準を絞られ、簡単にミートされてしまう。それでもベンチの工藤監督は腕組みをしたまま動かない。

 佐藤投手コーチは「何をアドバイスしていいのか……マウンドにいけなかった」と振り返った。

 続く岡島は、ボール球に手を出させてのハーフスイング、打者一巡で回ってきた嶋もストレートでスイングアウトの三振に取って、ようやく長い長い復活の1イニングを終わらせたが、スコアは0−7で、ゲームを台無しにしてしまった。とても1軍レベルの投手のピッチング内容ではなかった。

 試合後、工藤監督は、松坂を監督室に呼び、2軍行きを通告した。

 そして「俺もボコボコに打たれて2軍落ちしたことがあるから気持ちはわかる。へこんだり、くじけたりしないで前向きにやってくれ」と激励した。

 メジャーから凱旋した初年度の昨年夏に右肩を手術。その後、地道なリハビリを続けて、5月にようやくファームで復帰登板を迎えたが、指のしびれ、腰痛などの異常が発生して、また3か月間ほどマウンドに立てなかった。だが、再び実戦復帰すると、ギリギリで仕上げて、今回の1軍登板の機会を得ていた。

 工藤監督も「久しぶりで、ファームとは違うからね。手術を乗り越え、1軍で投げるという目標があったから、それをかなえさせてあげたかったが、プロは結果がすべて。ファームには行ってもらうが、くじけないで前向きにやってくれと、話をした」という。