阪神の金本知憲監督(48)が5日、大阪市内の電鉄本社を訪れ、坂井信也オーナー(68)にシーズン終了のオーナー報告を行った。坂井オーナーは、金本監督に対して、「この戦力で苦労をかけたね。こういう時期にお任せして申し訳なかった」と労った上で、「今年と同じように若手を育てながら、方針を変えずにぶれずに勝て!」と、来季への注文をつけた。

 この日の会談では、今季の反省だけでなく今後の阪神が進むべき方向性についても意見交換が行われた。

「(若手の育成には)時間がかかります。ドラフトから逆指名や自由枠がなくなり制度が変わったのは07年。そこから広島も(優勝するまで)何年、かかっているのか。ヤクルトは1年早く昨年優勝して生え抜きだけで勝てるチームになったけど、(生え抜きだけを育てて優勝するのは)1年、2年では難しいと思う。でも、目指すのは、そういうところだと思っている。いい素材をとってきて鍛えて育てること」

 金本監督が、古巣でもある広島モデルをチーム作りの理想像として掲げると、坂井オーナからも『そこを目指して欲しい』と同調された。

「僕は、そのために(監督に)選ばれたと思っている。でも広島でも10年近くの時間がかかった。。そういうことを考えれば、広島以上の練習、鍛えることをしないといけないと思う」

 広島は、生え抜きの若手に、ジョンソン、ジャクソン、ヘーゲンズ、エルドレッドらの外国人でチームのウイークポイントを埋め、そこに元阪神の新井、メジャーから復帰の黒田という“特効薬”を加えて、25年ぶりの優勝を手にした。レギュラーメンバーの年数を見ると、センターラインを固めた“菊丸コンビ”は、菊池が5年目、丸が9年目。「1番・ショート」に定着した田中が3年目、“神っている”ブレイクを見せた鈴木誠也も4年目。ピッチャーに目を向けても、最多勝&最高勝率のタイトルを獲得した野村は5年目、ストッパーに育った中崎も6年目。菊池、田中、野村らは、即戦力として大学、社会人からドラフト指名されたが、それでも5、6年という時間がかかっている。

 確かに、金本監督が言うように、1、2年で結果につなげることは容易ではないが、生え抜き育成は、ファンの支持を受けるし、チーム強化の形としては、理想であることは間違いない。

 元西武、ヤクルトで監督を務めた広岡達朗氏も、「素材重視のドラフトで選手を獲得して、教え方を知っているコーチが、正しく指導して徹底して鍛えあげる。広島は、そのスタイルを貫いた。ひとつのチーム作りのモデルケースを示した。かつての巨人のようにFAなどでとっかえひっかえ人を集めるのではなく、広島のようなスタイルが恒常的にチームを強くするし、無駄なお金もいらない。阪神も、広島モデルを追うのはいいことだと思う」と、広島モデルが、日本球界では、チーム作りの理想だという。