ピッチの上には香川真司(ボルシア・ドルトムント)も、岡崎慎司(レスター・シティ)も、そして本田圭佑(ACミラン)もいなかった。

 イラク代表を埼玉スタジアムに迎えた6日のワールドカップ・アジア最終予選第3戦。1‐1のまま突入した6分間の後半アディショナルタイムが終わりに近づき、引き分けの気配が漂ってきた直後に奇跡は起こった。

 狂喜乱舞するスタンド。ベンチ前へ疾走していく殊勲のヒーロー、MF山口蛍(セレッソ大阪)の周りに幾重もの歓喜の輪ができあがる。タッチラインを超えて飛び出してきた選手たちの中に、すでに交代で退いていた本田と岡崎、そして先発から外れた香川が含まれていた。

 日本代表の歴代得点ランキングには、3位に岡崎が49ゴール、5位に本田が36ゴール、6位に香川が27ゴールでそれぞれ名前を連ねている。2010年9月に発足したザックジャパンで、いわゆる“ビッグ3”はレギュラーとしてそろい踏み。以来、ハイペースでゴールを積み重ねてきた。

 そして、いま現在に至るまでに戦ってきたワールドカップ予選やアジアカップ、コンフェデレーションズカップといった公式戦で、3人のうち誰か一人を欠いた陣容でゴールを奪い、白星をあげた試合はない。山口の国際Aマッチ2得点目に導かれた劇的な勝利は、日本代表に何をもたらすのか。

 8月下旬に幕を開けているヨーロッパの新シーズンで、日本代表の攻撃陣をけん引してきた3人は軒並み出場時間を激減させている。特に深刻なのは本田で、7節を終えたセリエAでともに途中出場で2試合、合計でわずか19分間しかピッチに立っていない。

 ベンチを温める存在となった理由を、本田自身は今シーズン限りで切れるミランとの契約に関連づけて、こう推測したことがある。

「いままでよりも何が状況的に変わったかというと、契約が満了に向かっている選手という扱いになってきている気がする」

 来シーズン以降も必要とされる選手ならば契約延長の動きがあるが、その気配はない。本田自身がミランでのプレーにこだわったため、今夏にいくつか届いたオファーも正式交渉には進展しなかった。となると、残された道は実質的な“飼い殺し”しかない。

 本田自身をして「序列が低いので、簡単には試合に出られない気がする」と言わしめる厳しい状況で、懸念されるのは試合勘の衰えとなる。イラク代表戦でも時間の経過とともにパフォーマンスが低下。日本サッカー協会の西野朗技術委員長は、本田の状態についてこう言及している。

「コンディションが悪いというよりは、試合勘でしょうね。個人的にはフィジカルコンディションを上げているようだけど、空中戦でのタイミングや全体的なバランスがまだまだという感じがした」

 代表において絶対的な存在感を放ってきた本田だが、永遠に指定席が用意されているわけではない。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は後半36分、最後の3枚目の交代カードとしてFW小林悠(川崎フロンターレ)を投入。代わりに本田をベンチへ下げた。

 この瞬間から、ピッチには“ビッグ3”が不在となった。