パ・リーグのクライマックスシリーズ、ファーストステージ第2戦が9日、福岡のヤフオクドームで行われ、ソフトバンクがロッテに4−1で逆転勝利、連勝でファイナルステージ進出を決めた。

 ソフトバンクが王手をかけて迎えたCS第2戦は、清田の2試合連続先頭打者アーチで始まった。バンデンハークの初球のど真ん中のストレートをとらえ快音を残した打球はホームランテラスへ。
 「ストレート一本に絞っていました。得意のテラスホームランです」。清田の声も弾む。
 さらに2番で起用された加藤が、右中間へ二塁打、角中も四球を選び無死一、二塁とバンデンハークの立ち上がりを攻め立てた。しかし、デスパイネは、詰まらされて6−4−3の併殺打。福浦も三振で追加点を奪うことができない。後から考えると悔やまれるロッテの詰めの甘さだった。

 1点を追うソフトバンクは4回に同点に追いつく。ここまで防御率タイトルホルダー、石川を攻めあぐんでいたが、一死から長谷川が四球で出塁、松田はカーブをひっかけて二死二塁となるが、「一塁・7番」でスタメン抜擢されていた明石が、逆方向におっつけるようにしてレフト前へタイムリー。今季、ヤフオクドームでは0勝2敗、防御率8.18と、ここを苦手にしていた石川から、ようやく1点をもぎとった。

 さらにソフトバンクは5回、先頭の高谷が高めの失投を見逃さず左中間に二塁打。続く中村がバントで送って一死三塁の勝ち越し機を演出した。続く本多がカーブを引っ張ってライトへ糸を引くようなタイムリー。一塁で右手でガッツポーズをすると、ベンチのナインも立ち上がって呼応した。
「緊張していましたが、うまく変化球に反応ができました」
 試合中に回ってきた本多のコメントに喜びがにじむ。

 2回以降立ち直ったバンデンハークは、6回に二死からデスパイネ、ナバーロを連続四死球で歩かせるが、
鈴木を一塁ゴロに押さえ、106球5安打1失点6奪三振で、7回からは岩嵜にバトンタッチ。1点を守る展開で岩嵜が7回を3人でピシャリ、8回もスアレスが3人で締めて、ストッパーのサファテへとつなぐ。
 
 追加点の欲しいソフトバンクは8回、ロッテ4番手の南から先頭の内川がセンター前ヒット、途中出場の福田がバントで送って一死二塁。ロッテは、松田を敬遠で歩かせ、一死一、二塁となったところで、工藤監督が打席に向かう明石へアドバイスを送る。明石は、ストレートの四球を選び満塁。ここでロッテベンチは、南から西野へ投手交代したが、今シリーズのキーマンとなっている今宮が、フォークを執念で拾いあげて、レフト前へ2点タイムリー。4−1と3点差にして勝負を決定づけた。

 9回はサファテが三者連続三振でリードを守り切ってゲームセット。連勝でファーストステージを突破したソフトバンクは札幌ドームに乗り込み12日から日ハムと日本シリーズ進出権をかけたファイナルステージを戦う(4勝先勝で日ハムに1勝のアドバンテージ)。