投手が近年稀に見る大豊作の今秋ドラフト。

 超目玉右腕・田中正義(創価大)や、今春から赤丸急上昇の佐々木千隼(桜美林大)、夏の甲子園優勝投手・今井達也(作新学院)に「高校ビッグ3」寺島成輝(履正社)、藤平尚真(横浜高)、高橋昂也(花咲徳栄)らの逸材が揃う中、"隠れドラフト1位候補"に挙げられているのが、最速153キロの東都No.1右腕・黒木優太(立正大)だ。既に巨人、オリックス、地元横浜のDeNAなど全12球団が調査書を提出。また先週11日に行われた拓大1回戦(府中市民)には、阪神、巨人、広島など8球団のスカウトが視察に訪れた。

 この試合、日没につき延長11回引き分けで勝敗こそ付かなかったものの、先発の黒木は、9回を投げ切り今春秋通じて最多の147球、5安打8奪三振1失点と力投した。

「よく調子がいいときほどなるんですけど、右ふくらはぎがつりかけた」という9回には、一打サヨナラのピンチを招くもアウト3つを全て空振り三振。要所で雄叫びを上げるなど気迫のこもった投球で、絶対的エースとしての意地を見せつけた。

 この日の最速は147キロながら、球威で押した。縦横のスライダーなど変化球とのコンビネーションを駆使した投球に、セ・リーグの某スカウトは「この秋、一番の出来」と唸った。
ドラフト前の最終登板となった13日の拓大3回戦では、5回5失点のワースト失点で終わったが、ネット裏には、阪神、横浜DeNAら5球団のスカウトの姿があった。

 橘学苑時代、強肩かつパワーヒッター型の遊撃手だった黒木は、自身の志願により2年秋から投手に転向。3年夏にはMAX146キロの本格派右腕として、プロ注目の存在にまでなった。しかし、惜しくも指名漏れ。
 黒木は、当時のドラフトをこう振り返る。
「対戦経験もある選手が何人か指名されてたので、やっぱり悔しかったです。夏の初戦で自己最速出したときには『プロあるかな?』と、ちょっと期待してたんですが…監督さんからも『行ける!』という後押しがあったので」

 さらに「今の自分があるのは、高校時代に指名漏れしたお陰だと、今なら言えますね。ずっと反骨心だけで、やってきた。同じ世代として、大谷や藤浪に負けたくない思いはずっとある」と率直に胸の内を語った。