'17年夏、全世界待望の最大にして最高のエンターテインメントがスクリーンに登場。大ヒットシリーズの最新作「Pirates of the Caribbean: Dead Men Tell No Tales」の邦題が「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」に決定し、'17年7月1日(土)に日本公開されることが決まった。なお、全米公開は5月26日(金)となる。

タイトルの「最後の海賊」とは一体どういう意味なのか…。ストーリーはまだ全く明かされていないため、この意味深な邦題は何をさしているのか、内容が気になるところだ。

海賊船ブラック・パール号の船長にして、決して北を指さないコンパスを持つ伝説の海賊ジャック・スパロウを演じるのはジョニー・デップ。いつもペットの猿を肩に連れた海賊ヘクター・バルボッサ役にアカデミー賞俳優ジェフリー・ラッシュ、自らが海賊の息子だということを知らずに幼少時代を過ごしたウィル・ターナー役にはオーランド・ブルーム。

さらには、「ノーカントリー」の冷酷無比な演技でオスカーを受賞し「007 スカイフォール」での悪役の怪演と、悪役を演じさせたら右に出るものがいないハビエル・バルデムが、21世紀最大の悪役として、全海賊の滅亡を謀る“海の死神”サラザールを演じる。

そして、「マレフィセント」など話題作への出演が続き、現在ハリウッドで最も注目されているイケメン俳優ブレントン・スウェイツの出演も決定。“ポスト オーランド・ブルーム”の呼び声も高く、本作でますます話題になりそうだ。

また、物語の鍵を握る、強く美しいヒロインを演じるのは「メイズ・ランナー」シリーズなどで人気を博す新進気鋭の若手女優カヤ・スコデラーリオ。

いまハリウッドの最前線で輝く豪華俳優陣が集結する'17年夏、ディズニーが世界最大級のスケールで送るアクションアドベンチャーに期待は高まるばかりだ。