'17年に実写映画化される福士蒼汰主演×本広克行監督の「曇天に笑う」に、三兄弟と共に大蛇(オロチ)の発見と破壊を目的に結成された右大臣・岩倉具視直属部隊「犲(やまいぬ)」の隊員・犬飼善蔵役で加治将樹が出演することが分かった。

犬飼は、体が大きく、かなりの腕力の持ち主。隊員の中では一番の年長者で度量が広く大胆かつ小さなことにこだわらない豪快な性格で、チーム「犲」のムードメーカー的存在だ。元隊長であった曇天火(福士蒼汰)とは今でも仲が良く、主に素手で戦う。演じる加治は本作品で、初の本格時代劇アクションに挑戦する。

本作は、天火(福士)、空丸(中山優馬)、宙太郎(若山耀人)の曇天三兄弟、そして右大臣直属部署・犲のリーダー・安倍蒼世(古川雄輝)や犲隊員たち、抜け忍で曇家の居候・金城白子(桐山漣)、風魔一族の長・風魔小太郎…と、強く美しく戦う男たちが多数登場する。

キャラクターの魅力満載で、派手なアクションも満載、そして笑いや感動も満載の空前絶後のエンターテインメント大作を目指す。本作は'17年に全国ロードショー予定。

加治のオフィシャルインタビューは下記の通り。

――原作・脚本を読まれた時のご感想は?

原作を読んだ時、めちゃくちゃ面白い視点の時代劇だなと思いました。 何様だよって話なのですが、これをずっと憧れであった本広監督がどのように作られるのか楽しみで仕方ありませんでした。

脚本はやはり激しいアクションなので、ト書きの多さにビックリしました。 ん? ん? どういうこと?? こりゃやってみなきゃ分からないぞって(笑)。なので、現場に入るまで不安でした。

――クランクアップされたばかりですが、監督の演出はいかがでしょうか?

漠然とした内容になってしまいますが、この人物がこう動けば、周りの心はこう動く。結果緊張感が生まれ空気も動く。というような演出方法で見事にそれが画の中でも緊迫した空気や高揚が伝わるという、 気持ちや空気全て演出されていた印象です。

憧れであった方の演出だという事もあり、日々興奮でした。 本広監督の「笑」という観点にも触れる事ができた気がします。 監督から「せりふが終わり、カットがかかるまでの間でキャラは生まれる」というお話を聞き、これはどこかで試されるんじゃないかと思い、日々準備に気が抜けず、必死でした。

しかしそれこそが私の好きな本広監督作品の人物像であったので、その時間は変な汗は出ましたが、幸せでした。

――手応えはいかがでしょうか?

自分では全く分かりませんが、原作を読んだイメージの通り愛される犬飼を演じられたのではないか‥と思います。 もちろん100の力は出しました!

――撮影現場の雰囲気はいかがでしたでしょうか?

男だけという事もあり、特に「犲」はかなりうるさかったのではないでしょうか‥そこは心から申し訳ない気持ちであります。 誰に謝っているのか‥あいつらうるせーな。と気分を害された皆々様です。

しかし、おかげさまで、あそここうしましょ、こうしたら面白い、という意見交換もみんなででき、とてもありがたい現場でした。

――「犬飼善蔵」という役への意気込みは? 演じて、難しかった点は?

原作に敬意を持ちつつどうしても自分の犬飼を作り上げたかったのが正直な気持ちであります。なので、犬飼の代名詞でもある、頭の葉っぱについてどうしようかというのは、かなり悩みました。

結果色々と活用できたので、犬飼=葉っぱというイメージは残せたと思います。 がしかし、「犲」キャストは皆身長が大きいので、原作では1番でかいはずの犬飼がまさかの1番小さいというどうにもならない問題はありましたが‥気持ちと気分は1番大きくしたつもりなので、そこは大目に見てくださいませ。

――アクションへの気概はいかがでしょうか?

犬飼はありがたい事に素手で闘います。 剣や銃の中に素手という、かなり捨て身なスタイルではありますが、だからこそ生まれた人間っぽさや、生々しいアクションはかなり良いスパイスになっているのではないかと思います。