'01年10月13日に放送スタートしたSMAP・香取慎吾がMCを務める情報バラエティー「SmaSTATION!!」(テレビ朝日系)が、10月15日(土)放送で放送開始から15年を迎える。

同番組は、現在は生活に役立つグッズや行列のできる名店を紹介し、番組で扱われた直後は話題沸騰となるなど、変わらぬ人気ぶりだ。

番組開始当初は、香取が英会話習得を目指す「ベラベラステーション」や、さまざまな場面でもマナーをクイズ形式で学ぶ「覚えておきたい!マナー手帖」など、のちに書籍化するほどの人気コーナーも多数生み出してきた。

テレビ朝日のスタジオ以外にも、系列局の社屋やニューヨーク、ドイツなどの海外からの中継、そしてフジテレビや日本テレビとの同時生中継なども敢行し、新しいテレビの試みにもチャレンジしてきた。

いよいよ16年目に突入することについて香取は「丸15年…。毎週土曜日にスタジオに来て生放送をするっていうのが自分の中でも自然なことになっているので、気付いたら15年たっていたという感じです」と率直な感想を明かす。

これまでの思い出については、「(番組で)英語をやっていた(『ベラベラステーション』)なぁ、とか『ベラベラブック』や『マナスマブック』といった本を出したなぁ、とか高倉健さんが生放送のスタジオに来てくださったなぁ、とかいろいろなことを懐かしく思い出していました」と感慨深げに語り、「健さんは、今思い出してもCGだったんじゃないかと思ってしまうほど信じられない出来事でした」と振り返った。

また、「『24時間テレビ』(日本テレビ系)のパーソナリティーをやったときには、テレビ朝日のアトリウムに募金箱が設置されたり…。テレビ局間のつながりを感じられるのもこの番組でしたね」と番組ならではの魅力を明かす。

そして、「24歳でこの番組を始めたわけですが、39歳になった今、それを振り返ると『若いな!』『よくやってたな』と思ってしまいます。よく頑張りましたね、僕(笑)」と自身を労った。

なお、丸15年を迎える10月15日(土)の放送では、上野樹里をゲストに迎え、さまざまな業界で今最も熱い“HOTワード”を掘り下げる新企画が始動。美容業界や旅行業界、冷凍写真業界、農業、漁業など、業界で行列のできるキーワードを紹介する。

いよいよ16年目に突入する「SmaSTATION!!」。これからもさまざまな企画を生み出しながら、世の中に情報を発信していくであろう“スマステ”から、ますます目が離せない。