TBS系で10月2日(日)に生放送する「キングオブコント2016」で、ファイナリスト10組のネタ披露順が決定! トップバッターを4回目の決勝の舞台となるしずるが務めることが分かった。

本大会は、プロ・アマチュア、芸歴問わず、所属事務所の垣根を越えて“コント芸日本一”を決めるべく、エントリー総数2510組の芸人が自信のあるネタで、1回戦に挑み、2回戦、準決勝を勝ち上がってきた10組のファイナリストが10月2日(日)、4時間生放送の舞台でネタを披露。

MCは浜田雅功が務め、審査員の松本人志、さまぁ〜ずの大竹一樹、三村マサカズ、バナナマンの設楽統、日村勇紀の各持ち点100点の合計で9代目王者を決めていく。1ネタ目全組が披露し、その中から上位5組が2ネタ目を披露することができる。そして、合計得点の最も高かった組が“2016年キング”の称号と優勝賞金1000万円を手にする。

9月24日、「王様のブランチ」(TBS系)内でついに決勝戦のネタ披露順が発表された。

抽選はエントリーナンバー順で行われたが、どの組もトップバッターを嫌い、3〜6番手辺りのネタ披露を狙うが、8組がくじ引きを引き終わりしずるとラブレターズが残った状態で、1番と2番のくじだけが残るまさかの展開に。

2組は同時にくじを引き、トップバッターにはしずるが決定。そして、ネタ披露順は以下の通りとなった。各コンビの意気込みと共に紹介する。

1.しずる

池田一真:(1番を引いて)本当に申し訳ない…。絶対やってやるぞ!!

村上純:こうなったら全力でやるだけです。これで結果が出なかったらもともと優勝できなかったと思うので。

2.ラブレターズ

塚本直毅:しずるさんがいい空気でトップバッターを務めてくださると思うので、ちょっと変わったネタをやって引っかき回したいと思います。

濱口佑太朗:台風の目になります、次のかもめんたるさんに影響が出るくらいかき回します。

3.かもめんたる

岩崎う大:また優勝して全国ツアーを1カ所でも多く回れるようにしたいと思います。

槙尾ユウスケ:ルール改定される前にキングになっているので、改定後にもキングになって真のキングになりたいと思います。

4.かまいたち

山内健司:2人ともダウンタウンさんに憧れてこの世界に入ったので、ぜひ見ててもらいたい。

5.ななまがり

初瀬悠太:僕たちのことを知ってる人はホントにいないと思うので、とにかく(大声で)頑張るぞ〜い。

6.ジャングルポケット

斉藤慎二:6番手なので、前の5組よりも高い点を出せばファイナル進出が決定するので頑張ります。

7.だーりんず

小田祐一郎:僕たちが最年長で、さんざん泥水すすってきましたので、ここで払いのけたいと思います。

松本りんす:7番は言い訳が効かないところなんで、全力でやって、勝ち上がってキングを取ります。

8.タイムマシーン3号

山本浩司:漫才のイメージが強いと思いますが、お笑いに垣根はないということを示してやりたい。

関太:今回は山本だと思います。山本の魅力を出せたら勝てると思っています。山本に目立ってほしい。

9.ジグザグジギー

池田勝:だいぶ追い込まれています。とりあえずウケてファイナルへ行きたい。

宮澤聡:かまないようにします。せりふをしっかりしゃべります。

10.ライス

田所仁:最高の順番だと思います。

関町知弘:ダウンタウンさん、さまぁ〜ずさん、バナナマンさんに見てもらえるだけでうれしいです。最後にライスで締めます。