フジテレビでは、9月25日(日)に「ザ・ノンフィクション KABA.ちゃん、女になる」(昼2:00-2:55)を放送。8月に戸籍上の性別を男性から女性に変えたKABA.ちゃんの思いに迫り、新たな名前を初公開する。

物心ついたときから男性として生まれてきたことへの違和感を持っていたKABA.ちゃんは、7年前の失恋をきっかけに女性の体に変えることを決断し、3月に手術を受けるためタイへ渡った。

さらに、女性に近づくためにもう一つの手術を受けるが、芸能人としての仕事にピンチを招いてしまう。

また、窮地に相談できる家族もおらず、本名の椛島永次(かばしま・えいじ)も親が付けたものではない。戸籍上の性別を男性から女性に変える時に名前も変えようと、KABA.ちゃんは両親に新しい名前を付けてくれるように頼むが、女性になる手術を受けたKABA.ちゃんに家族は戸惑いを隠せない。

新しい性別と名前を手に入れて後悔しない生き方はできたのか、KABA.ちゃんがその思いを初告白する。