10月21日(金)にスタートする「家政夫のミタゾノ」(テレビ朝日系)で、主演の松岡昌宏が女装に初挑戦する。

松岡扮(ふん)する家政夫の三田園薫が、派遣された家庭・家族の内情をのぞき見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリ落としていくという痛快ヒューマンドラマ。

松岡は人の家庭をのぞくのが趣味というひと癖ある性格に加え、派遣先の家庭を崩壊させ、再生へと導く“ダークヒーロー”で、家事のスキルはプロ級の三田園を演じる。

その三田園の見た目は、なんと女性! 松岡は、テレビドラマで女装に初挑戦し、ほぼ全編、女性の格好をして三田園を演じるという。

これまでバラエティー番組などで女装をしたことはあったが本格的なものは初めてだという松岡は「ビューラーが難しくて、なかなかできませんでした! ビューラーやって、マスカラ塗って、ホットカーラーでまつ毛をぐっと上げて…で、鏡を見たらおふくろがいました(笑)」と告白。

また、松岡は「喋り口調もなかなか自分っぽく喋れなくて、なんか店を2軒ほどつぶしたオカマのママみたいになってるし(笑)。あと、この乳バンド(プラジャー)を着けていると肩が凝って大変!」と女装姿の苦労を語った。

そんな本格的な女装初体験の松岡は「僕、すぐに顔をいじる癖もあるんだけど、メークが落ちちゃうからそれも気を付けないといけない。とにかく、すべてが初体験だけど、いい経験だなと思います」と明かし、「女優さんは大変だということがよく分かりました! このドラマでは“直しの時間”はいっぱい取ってほしいと切に願っています」と訴えた。

劇中で三田園は“思わず凝視してしまうほど大きな女”と表現される。松岡がメークと着替えを終え、スタッフの前に立った時に男性スタッフから「おぉ!」と歓喜の声が上がり、カツラをかぶるたびに男性スタッフたちが口々に自分の好みを口にしたという。

松岡は「男性スタッフたちがざわついていたのは気付きました。いろんなカツラをかぶってみたんだけど、人によって好みが違ってね(笑)。みんなが僕を自分色に染めようとするのがおかしいんですよ」と明かした。

さらに、三田園と共に依頼主の元へ派遣される家政婦仲間の花田えみり役に清水富美加、三田園らが所属する家政婦紹介所の所長・結頼子役には余貴美子の出演が決定。柴本幸、堀田茜、平田敦子といった個性豊かな女優陣も派遣家政婦役として登場。毎回、家政婦紹介所に集まり、依頼主の家庭の秘密を暴露し合う“女子トーク”シーンも見どころの一つ。

そして、本ドラマの主題歌をTOKIOが担当。今秋リリース予定の長瀬智也が作詞・作曲を手掛ける「愛!wanna be with you...」がドラマを盛り上げていく!