「相棒」や「鬼平犯科帳」など人気ドラマに出演したこともある女優の平塚千瑛が、初となるヘアヌード写真集「Birth」を発売し、話題を呼んでいる。

同写真集は、'12年の「ミス・ユニバース・ジャパン」でセミファイナリストになり、'13年には「ベスト・ボディ・ジャパン」でグランプリに輝き「日本一のカラダ」に認定された平塚が、30歳を機に新たなる挑戦として挑んだ作品。さまざまな媒体のグラビアに掲載されるや大きな反響を呼んだ平塚の“美裸身”が堪能できる。

さらに、9月17日に行われた発売記念イベントで、平塚は「20代最後のきれいな体を撮っていただきました。私史上最高の作品になったと思います」と作品の出来について明かし、「今回の挑戦をきっかけにして、今後は濡れ場もコメディーもできる女優を目指したいと思います。与えていただいたお仕事に対して、体当たりでいろいろと頑張っていこうと思っていますので、お仕事のオファーお待ちしております」と今後の抱負を語った。