クリント・イーストウッド監督と主演トム・ハンクスのアカデミー賞コンビが贈る究極のヒューマンドラマ、映画「ハドソン川の奇跡」が9月24日より公開中。

同作品は、'09年にアメリカ・ニューヨークのハドソン川で実際に起きた未曾有の航空機事故からの生還劇の裏に隠された実話を描いている。

'09年1月15日、極寒のニューヨーク上空850mで、155人を乗せた航空機が突如エンジン停止事故に見舞われる。近くの空港に着陸するよう管制室から指示がある中、機長のサリー(トム・ハンクス)はそれを不可と判断。ハドソン川への不時着水を決断し、見事成功させる。

乗客乗員が全員生存という偉業を成し遂げたサリーは一躍英雄として称賛されるが、不時着水を決めた“究極の決断”に思わぬ疑惑が掛けられてしまう…といったストーリー。

今回、元TBSアナウンサーで、現在「NEWS23」(TBS系)のキャスターを務める雨宮塔子にインタビューを行い、実話でありながら報道されなかった真実が描かれた同作品の感想や、キャスターとして活躍する現在の心境などについて語ってもらった。

――映画をご覧になった率直な感想は?

「本当に、クリント・イーストウッドにやられた!」という感じですね。彼は好きな監督の一人でもあるのですが、一見スポットライトを浴びがちな部分とは違う視点から捉えているところに感服しました。また、個人的に、良い意味でハリウッド映画らしくない、サリーの心の葛藤を丁寧に描いているところが印象的でした。

疑惑を掛けられたサリーが調査委員会に呼ばれて質問されるシーンでは、「人為的ミスを探すなら、人的要因の考慮を」とサリーが切り出すまで、私たちもサリーと一緒になって窮地に追い込まれるような感情移入をせざるを得ない持っていき方がさすがでしたね。

――知られざる真実を描いた内容ですが、キャスターとして感じるところは?

この映画では、ある事柄の取り上げ方の怖さ、報道することの怖さを感じました。伝え方ひとつで、一人の人の人生を変えてしまう力があるということを改めて考えさせられました。報道に携わる者として、“一つの角度に偏らず全角度から”という視点でいなければという思いを強くしました。

――キャスターとして活躍されている現在とアナウンサー時代とでは、心境の違いなどはありますか?

日本でこつこつとアナウンサー業を続けていたら(キャスターという仕事に)肩肘を張る気持ちがあったかもしれないですが、17年間レギュラーから離れていましたので、スコンと間が抜けているんです。だからこそ、「格好つける必要がないな」という気持ちで臨めています。毎日の生放送では、気負いみたいなものは全て(画面に)出てしまうものなので、「気負ってもしょうがない。自分が生きてきたことに誠実に、ありのままの自分で自分なりに頑張るしかない」という思いですね。

――“キャスターで復帰する”という決断は、サリー同様、大きな決断だったのでは?

今のフランスは、何が起こっても不思議じゃない国です。テロの危険なども身近なので、いつ死んでしまっても後悔のないようにしようという生き方になったと思います。今は、フランスで暮らした経験を活かして、日本にいるだけではどうしても身近に感じにくい海外のニュースをリアルに伝えられる“架け橋”のような働きができればと思っています。ずっと日本にいたら、(キャスターを務めるのは)なかった決断だったと思いますね。

――上空850mで突然のエンジン停止という絶体絶命の危機に見舞われるサリーですが、雨宮さんの身に起った最近の危機は?

先日、ニースでテロの中継をした翌日にパリで滞在許可書の更新をしなければならなかったんです。でも、滞在許可書を更新するのに最低でも6時間くらい並ばないといけなくて、「次に予定していた中継に間に合わないかも…!」という危機がありました。その時はギリギリで間に合って事なきを得たのですが、並んでいる間は「時間内に更新できなかったら、わざわざニースから一緒にパリにやってきた番組スタッフに申し訳ない…」と生きた心地がしませんでした(笑)

――今後、挑戦してみたいことは?

“フランスで暮らしていた”ということを活かすことですね。テロのニュース一つ取っても、パリと日本では伝わり方に違いがあるんです。その違いをどう縮めるか、ということが私にできることだと思っています。(再びバラエティーで活躍するということは?)キャスターという立場上、出演が難しいものもあると思いますが、バラエティーも大好きですので機会があれば出たいですね!(笑)

――最後に映画の見どころをお願いします!

サリーは英雄として扱われる一方で、彼自身の中では“機長として自分の仕事を精一杯やっただけ”なんです。また、航空機が不時着水した後、たくさんの人がそれぞれ自分のできることを精一杯やったことで“全員生還”という奇跡が起こった。この作品には、「(一人の力で大勢を助けるというような)ヒーロー的なことはできないかもしれないけど、一人ひとりが自分のできることを精一杯やることで素敵な奇跡を生むことができる」という今の時代にぴったりのメッセージが込められていると思います。ぜひ劇場に足を運んで、このメッセージを受け取っていただければと思います。