10月19日(水)より、TBSの「テッペン!水ドラ!!」枠では、料理の腕前がプロ級の名刑事が容疑者たちを晩餐会に招き、犯人をあぶり出すドラマ「コック警部の晩餐会」を放送する。

主演は連続ドラマ初主演となる柄本佑。共演としてドラマ初出演となる小島瑠璃子の他、えなりかずき、藤真利子といったメンバーが作品にスパイスを加える。

そしてこのたび、若手俳優の西銘駿(にしめ・しゅん)の出演が決定した。西銘が演じるのは、柄本演じるコック警部行きつけの創作料理店のシェフ・田部歩で、うるさいコック警部に毎度おいしい食事を提供する役どころ。

時折、事件解決へのヒントとなる料理やうんちくを披露するため、気難しいコック警部が唯一気に入っている人物という設定だ。

演じる西銘は第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞。その数カ月後、「仮面ライダーゴースト」(テレビ朝日系)の主役を射止めた注目の若手イケメン俳優。

なお、西銘はこれがTBSドラマ初出演となるが、柄本らとどのような掛け合いを見せるのか注目が集まる。

【西銘駿コメント】

シェフという、自分にとって全く新しいキャラクターに挑戦することがとても楽しみです。1年間仮面ライダーの現場を経験できて、特撮以外の現場は今回が初めてなので、正直不安もありますが、いい作品になるよう全力で撮影に臨みたいと思います。