10月9日(日)スタートのドラマ「キャリア〜掟破りの警察署長〜」(毎週日曜夜9:00-9:54フジテレビ系※初回は15分拡大)で、主演を務める玉木宏が9月27日、共演の瀧本美織、高嶋政宏と共に東京湾岸警察署の一日警察署長イベントに出席した。

同作は、玉木が“警察は市民から身近な存在であるべき”をモットーにするキャリアの警察署長・遠山金志郎を演じ、独特の捜査方法で事件を解決していく姿を描く。

また、玉木と対立するノンキャリアのベテラン刑事・南洋三を高嶋が、早く一人前になりたいという思いはあるのだが、空回りする女性刑事・相川実里を瀧本が演じる。

この日、東京湾岸警察署では「全国地域安全運動事前対策会議」が開かれ、玉木は委嘱状を受け取り、一日警察署長に任命された。

玉木は「報道で一日署長をやられてる方々を見てきたので、いよいよこの日が来たか、と楽しみにしてきました」とあいさつし、「4年後にオリンピックも開催されてすごく注目される場所になると思うので、安心した街づくりができたらいいなと思っています」と、会議に集まった市民に呼び掛けた。

その後、桟橋に移動し、船上パトロールを敢行。炎天下の中でのパトロールに、玉木は「本当に身が引き締まる思いなんですが、ちょっと今、暑いです(笑)」と、本音を吐露する。

一方、高嶋は玉木の制服姿を「いい男過ぎちゃってずっーと見てますね。食事会に行ったときも、冗談で『いい男なんで、剥製にしちゃう』とか言っています」とうっとり。

瀧本も「本当に格好良くて、役も魅力的でかわいらしいので、視聴者の皆さんにも愛される署長になるんじゃないかなと思います!」と絶賛した。

撮影現場での話になると、同作には玉木の部下となる副署長役で柳沢慎吾が出演しており、玉木は「本当にずっとお元気でいらっしゃって(笑)」と現場の様子を報告。瀧本も「慎吾さんの後頭部を見るだけで笑っちゃいます」と明かし、柳沢が現場のムードメーカーとなっていることを匂わせた。