9月28日(水)夜7時から放送される「あいつ今何してる? 3時間スペシャル」(テレビ朝日系)は、俳優の筧利夫、同じ小・中学校を卒業したココリコの遠藤章造、田中直樹、仙台商業高校の同級生コンビ・サンドウィッチマンの伊達みきおと富澤たけし、元宮崎県知事の東国原英夫、フリーアナウンサーの平井理央の5組が登場する。懐かしい同級生とVTRで対面を果たす。

静岡県内の小中高校を卒業後、大阪芸術大学に進学。在学中に「劇団☆新感線」に参加し、その後、鴻上尚史主宰の劇団「第三舞台」に参加した筧。卒業後は舞台、ドラマなどを中心に活躍し、バラエティーなどでも存在感をアピールしている。

高校時代の卒業アルバムを見ながらの打ち合わせで、少しだけ付き合っていた(気がする)という同級生を発見。おぼろげな記憶をたどると告白したのは筧から。日曜日にデートをしようと街中で彼女と待ち合わせをしたが、私服で現れた彼女を一目見て「引いてしまった」とか。

私服のセンスが悪かったわけではなく、今にして思えば制服姿の彼女が好きだったのかもと振り返る。

デートで自分が「引いた」瞬間は覚えているそうだが、その後のことは全く覚えておらず、デートでどこへ行ったのか、どんな話をしたのかも覚えていないそう。

VTRで対面を果たすが、スタッフは「私服姿に引いてしまった」と告白した筧の打ち合わせVTRを彼女に見せていいものか、思い悩んだとか。

とはいえ、彼女の反応も見てみたいという思いも…。果たして筧のご対面はどんな結果になったのか。

同級生コンビのココリコは、中学校の卒業アルバムを見ながらの打ち合わせとなった。そんな中学時代、野球部にメジャーリーガーのようなバッティングフォームだった同級生がいたそう。

フォームだけでなくガムをかみながら打席に入るなど、雰囲気そのものがメジャーリーガーだったという彼。遠藤、田中によると、野球のスタイルだけでなく、制服の着方など常に一歩先を行っているタイプだったそう。

そんな彼はどんな大人に成長しているのか。調査を進めると、独特のセンスを生かした職業に就いていた。メジャーリーガーを先取りしていた同級生の“今”とは?

また、コンビ名「ココリコ」の由来について、2人もすっかり忘れていたという衝撃の事実も判明。ココリコの2人が中学生だったころ、関西で放送されていた番組で“おニャン子クラブ”の関西版といったアイドルグループで“ICHIGO ちゃん”というグループがあったとか。

そのメンバーに同級生の女子がいたようで、テレビで見て「同じクラスの子がテレビに出ている」とビックリしたという2人。当時は明るい子で人気者だったそうだが、今も芸能界で仕事をしているのか。遠藤も田中もびっくりのアイドルだった同級生の今とは?

そして平井は、進学校の東京学芸大学附属高校から慶応義塾大に進学。卒業後はフジテレビにアナウンサーとして入社した。そんな平井には中学時代、バレーボール部に大人っぽいお姉さんキャラの同級生がいたそう。

その子はキャプテンで、何をやらせても上手にできる子。しかも当時から色付きリップを使うなどちょっぴりおませ。あかぬけていた彼女に平井は憧れていたそう。あれから18年、実は彼女はとんでもない苦難の道を歩み、現在に至っていたという。平井も衝撃を受けた彼女の波乱万丈の人生とは?

また、東京学芸大学附属大泉小学校から大泉中学校へと進学した平井だが、小学校からではなく外部から中学に進学してきた秀才の同級生がいたそう。授業で当てられても何でも答え、会話もユーモアが効いていて面白い。

平井いわく“知る人ぞ知る優良物件みたいな人”だったとか。グループ交際でディズニーランドへ行ったことがあるそうだが、そんな“PERFECT HUMAN的”な彼、頭が良かったのできっと出世しているはず、と予想するのだが…。

調査をすると日本にはいないことが判明、スタッフは海外へ飛び、予想通り立派な職業についていた彼を発見。“優良物件みたい”な同級生、どんな国で何をしているのか?

その他、サンドウィッチマンと東国原英夫の同級生ついて紹介する。