株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツのオリジナルキャラクター「タマ&フレンズ 〜うちのタマ知りませんか?〜」22年ぶりの新作アニメが、TOKYO-MXほかにて10月1日(土)よりスタートする。

本作の主題歌を、今注目の六本木発6人組本格派ダンス&ボーカルユニット・La PomPonが歌う。同曲のタイトルは「ふれんず」に決まった。

「タマ&フレンズ 〜うちのタマ知りませんか?〜」は、'83年に当時女子中高生を中心としたファンシーグッズブームの中、「飼い猫を探すポスター」という物語を感じさせるコンセプトに、手書き文字と落ち着いた色調でセンセーショナルにデビュー。

中高生だけでなく大学生や社会人女性にもターゲットを拡大し、一躍ヒットキャラクターになった。その後も学年誌での連載、'93年には劇場アニメの上映、そして'94年にテレビアニメの全国放送を行い、現在も学校教材や銀行、薬袋、各種雑貨などに使用され、幅広い年齢層に愛されている。

1分間のショートアニメである本作は、猫や犬のほんわかした日常や、ユーモアあふれるコミックテイストなど多彩なストーリーを展開する。

今回は、全てのキャスト・スタッフを一新し、原作や前作アニメの世界観などを生かしつつ、タマ&フレンズの新たな魅力を感じられる作品となっている。

また、今まで解き明かされることのなかった“謎”にも迫るなど、往年のファンも、新たに知った人も見逃せない内容に仕上がっているようだ。

そんな、話題のアニメ主題歌を歌うLa PomPonは、9月7日にリリースしたシングル「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」が、9月19日付けのオリコンウイークリーCDシングルランキングで自己最高位となる6位に入るなど、ノリにノッている。

本作のファンシーな世界を、YUKINO、MISAKI、RIMA、HINA、KIRI、KARENの6人のハーモニーがキュートに彩る。

なお、現在の放送局はTOKYO-MX、朝日放送(ABC)、中京テレビ、テレビユー山形の4局だが、今後も随時増えていく予定なので、楽しみに待とうニャー。