大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)で、井上順が織田有楽斎役で出演することが決定した。井上は'01年の「北条時宗」以来の大河出演となる。

有楽斎は、物語序盤で吉田鋼太郎が演じた織田信長の弟。茶々(竹内結子)の叔父であり、関ヶ原後は秀頼(中川大志)を補佐するが、大坂の陣では信繁(堺雅人)ら牢人衆としばしば対立する。

史実では、千利休に茶を学んだ茶人として知られ、自らも有楽流を創始している。

演じる井上は、堺正章、ムッシュかまやつらも在籍したザ・スパイダースの元メンバー。バンド解散後は俳優・司会などの活動を始め、'76年〜'85年には「夜のヒットスタジオ」(フジテレビ系)のMCを担当。

俳優としては、「渡る世間は鬼ばかり」('98年ほか、TBS系)など石井ふく子プロデュース作品への出演などが知られているほか、三谷幸喜の初監督作である映画「ラヂオの時間」('97年)にも出演している。