大河ドラマ「真田丸」(NHK総合ほか)に小手伸也が塙団右衛門役で出演することが決まった。大河ドラマへの出演は初。

団右衛門は、大坂の陣で豊臣方に付いた牢人。冬の陣で夜襲を行った際に、自分の名を記した木札を戦場にまいたと伝わっている。

元々は豊臣秀吉の家臣・加藤嘉明に仕えていたが、関ヶ原の戦いで命令無視をとがめられ出奔。それからは嘉明による妨害もあって、再任官を諦めて牢人となる。

演じる小手は、早稲田大学内の演劇サークル・早稲田大学演劇倶楽部に所属後、劇団innerchildを主宰。日本神話、特に古事記に関する造詣が深く、ネット動画「小手伸也のよくわかる古事記」シリーズでも知られている。