10月3日(月)の「EXD44」(夜0:15-0:45ほか、テレビ朝日系)は、番組史上最も収録現場がピりついた禁断の企画「石田よ! 俺たちのネタ どこが悪いか教えてくれ!」を放送。

'08年の「M-1グランプリ」王者であり、芸人たちからも“ネタ作り人”と一目置かれるほど、漫才を徹底的に研究し続けているNON STYLE・石田明が、先輩芸人の漫才にリアル駄目出しを行う。

今回駄目出しされるのは、元暴走族芸人・バッドボーイズ、業界イチ(?)怖いと恐れられている東京ダイナマイト、格闘家を目指したこともある平子祐希と、酒井健太によるアルコ&ピースの3組。

この先輩芸人3組が客前で披露する本気の漫才を、ノンスタ石田が別室でモニタリングした後、本人たちを目の前にして痛烈な駄目出しをする。

「ネタの最後のパートがやっていて一番気持ちいい」と話すバッドボーイズのネタ作り担当・大溝清人には、「漫才っていうのは所詮娯楽なんで、自分がドヤ顔で出すなんてどうでもいい」とバッサリ。

「おまえの言っていることは“教科書”の範囲内」「NON STYLEの漫才は同業者からしたら台本が見えてくる」と話す東京ダイナマイト・ハチミツ二郎には、「漫才はあくまで観客に向けるもの」と真っ向から反論する。

「自分が面白いと思っているネタを泥臭く提示するのは魅力的だと思う」と語るアルピー・平子には「それはただのキレイごとでしかない」と一刀両断。

ついには「劇場に出ている全ての先輩芸人全員に言いたい! 何をスカして漫才やってんねん!」と、全先輩芸人に対する強烈な駄目出し発言が飛び出す。

そんな過激な発言の数々に、現場の空気はどんどん張り詰めていき、かつてないほどピリついた雰囲気に! それでも駄目出しをやめないノンスタ石田。

ついにはことしがM-1ラストイヤーとなる東京ダイナマイトのハチミツ二郎から「俺たち、M-1グランプリ取れると思う?」と聞かれた石田の口から、とんでもない一言が…。

芸人たちのプライドがぶつかり合う、ガチンコ過ぎる禁断企画。後輩・石田と先輩たちの“包み隠さぬ本音の応酬”にドキドキ、ヒリヒリしよう。