WOWOWと国際パラリンピック委員会が共同で立ち上げた大型ドキュメンタリーシリーズ「WHO I AM」が、10月22日(土)よりスタートする。

このたび、WOWOWプライムで放送される同番組のナビゲーター&ナレーターに、西島秀俊が決定した。

パラリンピック・リオ大会が開催されたことしから、東京大会が行われる2020年まで、およそ5年にわたって世界最高峰のパラアスリートに迫る「WHO I AM」。

この壮大なドキュメンタリーシリーズをナビゲートし、またナレーションも務めることに決まった西島は「とても光栄に思っています。2020年、東京の地で輝きを放つだろう選手たちの物語を、私自身も楽しみにしていますし、番組をご覧いただく皆さんと一緒に、知って、感じていきたいと思っています」とコメントした。

記念すべき第1回放送には、ブラジルの競泳選手、ダニエル・ディアスが登場。ディアスといえば、北京、ロンドン、リオと3大会にわたって、金14個を含む24個のメダルを獲得している「競泳界の金メダルコレクター」だ。

そんなディアスが家族と過ごす日常からハードなトレーニング、そして母国開催となったリオ大会での輝きまで、カメラが密着している。