嵐が出演する日立白物家電シリーズの新CMが、10月22日(土)よりオンエアされることが分かった。ルームエアコン「白くまくん」の新CM「快適の時間」篇では、櫻井翔、相葉雅紀が部屋でリラックスする姿が描かれる。

冬のある寒い日、テレビでサッカー観戦に熱中する櫻井は、応援するチームの攻勢に一喜一憂している。そんな中、帰宅した相葉は厚く重ね着をした上着やマフラーを脱ぎ、サッカー観戦中の櫻井に合流。相葉が「どう?」と声を掛けると櫻井は「勝ってる!」と一言。一緒にソファに座り、テレビに見入ると、エアコンが2人の在室時間を感知し、快適な空調で試合観戦ができる、というもの。

櫻井は観戦に熱中するシーンの撮影で、身を乗り出して「よしいけ!」と応援したり、「ああ〜!」と声を上げながらオーバーに頭を抱えて残念がったり、ジェスチャーとコメントで試合展開を表現。「やった!」と会心のガッツポーズを見せると、スタッフからも「力強い!」と感嘆の声が上がり、スタジオは大いに盛り上がった。

また、相葉は寒い屋外から、暖かい部屋に入ってきたという設定で、両手を広げ「あったけぇ〜」と言うシーンで、冬の気持ちの表現に苦戦。「寒くないから分からない!(笑)」と言いつつも、20回にわたる撮影の中でバリエーションに富んだ「あったけぇ〜」を演じ分けていた。

さらに、2人が一緒にサッカー観戦をするシーンでは、実際に見るテレビに何も映っていないのにもかかわらず、あうんの呼吸でリアルな演技を再現。完全なアドリブで抜群のコンビネーションを見せた2人に、監督も「さすがのコンビですね!」と声を掛けていた。

撮影の合間には普段の楽屋での座り位置の話題に。「楽屋でテレビ見てるけど2人掛けのソファってないね」(相葉)という話から「この夏はオリンピックとか甲子園を楽屋で見てましたね」(櫻井)という楽屋トークに話が発展。

「こんなソファがいくつか並んでて、嵐5人で座ってます。(僕ら2人は)普段は向かい合ってることが多いね」と相葉が話すと、「自然と正面が多いね。京セラドーム大阪は横並び、それと名古屋は斜めかな」と櫻井が楽屋でのポジションを教えてくれる一幕も。「(こんなふうに座る位置が)決まっているんです(笑)」(相葉)と、嵐の座り位置を明かしてくれた。