タレントのベッキーが10月8日、都内で行われた「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」に登場した。

事前にベッキーが登場するということは、観客はもちろん報道陣にも知らされておらず、開催当日になって緊急出演決定という形で、当日資料をもって発表された。

ベッキーが登場したのは、1stSHOWの「one way」ステージ。トリンドル玲奈、池田エライザら人気モデルに加え、欅坂46・土生瑞穂、X21・小澤奈々花、山崎紗彩らフレッシュな顔ぶれに観客が盛り上がる中、“にこるん”こと藤田ニコルの登場で観客の盛り上がりは最高潮に。

藤田が去り、しばしの静寂を置いてベッキーがさっそうとランウェイに現れ、気付いたステージ最前列の観客がざわつくと、モニターにベッキーの文字と彼女の姿が映し出され、会場中にどよめきが。そしてすぐに拍手と大歓声が沸き起こった。

活動再開後、初めて生のベッキーを見るという観客も多いだけあって「本当にベッキー!? ヤバイ!」「ベッキーお帰り〜!」「サプライズ過ぎ!」「やっぱカワイイ!」などといった声が、各所で上がっていた。

報道陣もベッキーのランウェイ中に変なヤジとか飛ばないか…や、シーンとしてしまったら…などと、心配していた記者も多かったが、それらを吹き飛ばすような温かいムードが会場を包み、ベッキーも明るい笑顔を見せ、風のようにステージを後にした。

また、同日ベッキーは自身のInstagramを更新。同じ、「one way」のステージに登場した仲良しのトリンドルとのツーショット写真と共に「GirlsAwardに出演させていただきました。楽屋がおとなりさんで、ブランドも同じで、うれしかったです!」とコメントしている。