今月行われたリリース記念イベントで、「方向性の違い」から解散を発表したばかりのユニット・JINTAKAが、10月8日に都内で行われた「GirlsAward 2016 AUTUMN / WINTER by マイナビ」に登場。最初で最後となる(?)ガルアワでのライブを行い、大観衆を沸かせた。

JINTAKAは、9月21日にデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」をリリースした、元KAT-TUN・赤西仁と俳優の山田孝之によるユニット。

ダークな印象のイントロから、山田の「Choo Choo SHITAIN」というセクシーな一言が発せられ、独特の世界観が繰り広げられる音楽がスタート。赤西が観客へあおるように「ニューヨーク〜!」と言うと、すぐさま山田が「トーキョウだよ?」とおどけた調子でツッコミを入れ、笑いを誘った。

その後、あくまでクールに美女たちを引き連れランウェイを歩き、ステージ最先端へ行くと、美女たちがガラス張りのボードに次々とキスをしていく演出が。

これに、赤西は間近でキスを見つめ、キスをじっくり堪能。かと思えば、自らも山田とあわやキスをするかも?というほど顔を接近させるなどして、会場の女性を熱狂させた。

そして、2人はガラス張りのボードを撤収させながら「お邪魔しました」「お騒がせしました」「軽率にもGirlsAwardに出演してしまいました。本当にありがとうございました」「一夜限りの再結成なのでもうしません。ありがとうございました」「さようなら」「お疲れさまでした」と交互に、低いトーンでつぶやきながらステージを去った。

わずか5分足らずのパフォーマンスながら、割れんばかりの大歓声を浴びた2人。再びChoo Choo SHITAくなる日は来るのか?

また、JINTAKAのステージ前には三吉彩花、飯豊まりえ、広瀬すずらSeventeenの人気モデルが出演の「Seventeen×WEGO」のスペシャルショーも行われ、モデルたちのキュートな仕草やウオーキングに会場は華やかな香りに包まれた。