イケメン集団が2チームに分かれて対決する新バラエティ「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ 胸キュン選手権」が、10月15日(土)夜9:30からテレ朝チャンネル1で放送スタートする。

「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」とは、 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト出場者ベスト100メンバーから選抜されたメンバーにより結成。18歳以上の12人からなる「TEAM SENIORITY」(チームシニア)と、17歳以下の12人からなる「TEAM YOUTH」(チームユース)がCDデビューを賭けて対決中。

本番組では、さまざまなシチュエーションでいかに女性を“胸キュン”させられるかを競う。勝利を収めたチームには、CDデビューを賭け争っている5つの企画「VS PROJECT」の1勝が与えられる。

“胸キュン”対決の審査委員長を務めたモデルの久松郁実に、胸キュンにまつわるインタビューを行った。

――“胸キュン”といって思い浮かぶ出来事って過去にありましたか?

中学校の時バスケ部だったんですけど、隣のコートで練習してる男子のバスケ部の人たちが顔を練習着で拭くんですよ。その時に見える腹筋がムキムキで…皆でキュンキュンしていました。

――どんな時にキュンとしますか?

いろいろなしぐさにも惹かれるんですけど、すれ違った時にふわっと香水や柔軟剤の香りがすると、その方にドキッとしますね。道を歩いていて、自分の好きな香りの人がいたら振り返って目で追っちゃいます。

――ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズとの共演はいかがでしたか?

皆さん個性的で面白くて、「どんな人なんだろう」ってもっと知りたくなりました。面白いキャラの人が、歌も上手かったりして…そういうギャップっていいですよね。

――「特技」「カラオケ」などいろんなシチュエーションの対決がありますが、一番キュンとしたテーマは?

やっぱり“壁ドン”です! このお仕事をしていると、バラエティやドラマ、映画でされることもあると思うんですけど…私まだ1回もないんです。もちろんプライベートでもないんですよ。今回、人生初“壁ドン”をイケメンのみなさんにやってもらえて楽しすぎました(笑)。

――あと2カ月ちょっとでクリスマスですが、例えばクリスマスにどんなことされたら“胸キュン”しますか?

サプライズで何かされたらやっぱりうれしいだろうな。ジュエリーのプレゼントとか…ドキッとすると思います。

――自分が胸キュンさせるとしたら、どんなことをしますか?

うーん、難しいですね…やってみたいなって思うのは、“なにげないボディタッチ”とか。「あ、ゴミついてるよ」って自然な感じでやれたらいいな。実戦はこれからですけどね(笑)。

――恋愛したいタイプと結婚したいタイプは同じですか?違いますか?

求めるものは全然違います(即答)! 恋愛は「どれだけドキドキできるか」が大事だと思うんです。私は相手を追いかけたいタイプなので…どれだけ追いかけて、追いかけさせてくれるかを楽しみたいな。結婚相手には子供好きかどうか、家事を手伝ってくれるかな…って結構現実的なところを見ちゃいます。

――まだ20歳なのに結婚願望があるんですね。

昔からあるんです、やっぱり30歳…くらいまでに出来てたらいいな。子供は男の子と女の子、1人ずつが理想です!

――それでは最後に、収録の感想と、放送を楽しみにしている方へメッセージをお願いします。

(収録で)丸1日、胸キュンシチュエーションを聞いたり見たりして、漫画の世界に自分がいるような感じでした。1日に何人もの人に壁ドンされたり、何度も胸キュンフレーズを言ってもらうことなんて中々経験できないですよね。すごく楽しかったです。収録前までは“胸キュン”に飢えてたんですけど、今日で5年分くらいいただきました(笑)。

胸キュンっていうと、女性向けのイメージが強いと思うんですけど、男性の方にもお手本になるような胸キュンするしぐさや言葉が出てくるので、皆さんに見てほしいです!