10月17日(月)スタートの異色刑事ドラマ「警視庁 ナシゴレン課」(テレビ朝日系)で主演を務める島崎遥香。初めての刑事役についてや作品への意気込みなどについて語ってもらった。

自由奔放な女性デカ長・風早恭子を演じる島崎は「警視庁 ナシゴレン課」というタイトルについて「率直にナシゴレン課って何だろう…ってなりました(笑)。『ん!?』って」と明かす。

本作は、企画・原作を秋元康が担当する“ワンシチュエーションコメディーな刑事ドラマ”。島崎はワンシチュエーションコメディーについて「やったことがないので、とても楽しみです! 監督からは“舞台のような感覚”と言われました」と笑顔を見せる。

卓越した洞察力と推理力で、誰一人捜査に出向くことなく全ての謎が刑事部屋で解決するという斬新な刑事ドラマだが、島崎は「お話を頂いたときから、外に出て捜査をしない刑事ドラマということは聞いていました。なので、私が演じる恭子は“ナシゴレン課”の課長なのですが、実際の警視庁で課長という役職がどのような立場なのかなどを調べました」と、役作りについて語る。

島崎演じる恭子は年齢や役職に関係なく言いたいことをはっきり言う高飛車な性格。島崎は恭子について「高飛車なんですが、たまにボケたりツッコんだり、みんなと仲が良かったりしているので、どう高飛車感を出したらいいのか考えています」と打ち明ける。高飛車ながらも、基本的には部下思いで、ここぞという時に頼れるデカ長という恭子の一面に戸惑うこともあるという。

また、新人中年刑事・石鍋を演じる古田新太、恭子に無能呼ばわりされる部下・勝村政信ら癖のある共演者について、島崎は「自分がテレビなどで見ていた方とご一緒できるのは本当にうれしいですし、勉強したいと思っています。古田さんは関西弁のイメージが強く、勝村さんはお医者さんのイメージですね(笑)」と告白。

島崎は座長という立場を「私はどちらかというと引っ張るタイプではないので、共演者の方々に逆に付いて行けるように頑張りたいと思っています。また、監督のアドバイスになるべく近づけるように恭子を演じていきたいです!」と意気込んだ。

そして最後に「年齢層は関係なく楽しんでもらえる作品になっていますし、面白いドラマになるように頑張ります!」とアピールした。