人気ボーカルグループ・GReeeeNの大ヒット曲「キセキ」の誕生秘話を描く映画「キセキ―あの日のソビト―」(17年1月28日公開)。同作にメンバーの“ナビ”役で出演する俳優・横浜流星が、同じく共演者の菅田将暉、成田凌、杉野遥亮らとGReeeeNの前身“グリーンボーイズ”としてCDデビューすることがわかった。デビューシングル『グリーンボーイズ』には「キセキ」など3曲が収録され、GReeeeNのデビュー10周年記念日・17年1月24日(水)にリリースされる。

映画「キセキ―」は、リーダー・ヒデと、その兄でグループのプロデュースを手掛けるジン、そして3人のメンバーたちが“前代未聞の顔出し無しのCDデビュー”を果たし、自らの道を見つけ出すまでの日々を描く。ジンを松坂桃李が、ヒデを菅田将暉が演じ、メンバーのクニを成田凌が、ソウを杉野遥亮が、そしてナビを横浜が演じている。実在アーティストを演じるため、横浜を含めた4人は映画の撮影開始2か月前からボイストレーニングを積んできた。その努力が今回、本家のカバーでの“CDデビュー”という形で結実した。

横浜は、14-15年の「烈車戦隊トッキュウジャー」(テレビ朝日系)トッキュウ4号/ヒカリ役で一躍、注目を浴びる存在に。ことしも映画「オオカミ少女と黒王子」「全員、片想い」など話題作に出演。ナビ役には「僕が初めて買ったCDはGReeeeNさんのアルバムです。大好きなGReeeeNさんのメンバーとして出演させていただけてすごく嬉しいです」と、並々ならぬ意欲で取り組んだ。現在は秋ドラマ「土曜ドラマ24『潜入捜査アイドル・刑事ダンス』」(テレビ東京系)に出演、“元引きこもりのアイドル”を演じ、歌とダンスに磨きをかける日々。そんな中でのCDデビュー決定とあって、注目度も急上昇中だ。

“グリーンボーイズ”は、映画の中で4人がGReeeeNとなる前に名乗った名前で、プロデュースは本家同様JINが務める。CDには、映画本編でも登場する3曲=デビュー前に作られた「声」、GReeeeNのデビュー曲「道」、そして「キセキ」=を収録。3曲とも、本編にも横浜らが歌うバージョンが流れている。

11月9日(水)にはグリーンボーイズによる「キセキ」が先行配信されるほか、17年1月7日(土)にさいたまスーパーアリーナで行われるGReeeeN10周年記念ライブ「あっ、リーナ、ども。はじめまして。『クリビツテンギョウ!? ル〜デル〜デ♪』」にも、横浜らがグリーンボーイズとしてゲスト出演する。アーティスト・横浜の今後から目が離せない!

■グリーンボーイズ メンバーのコメント

菅田将暉

撮影時や打ち上げの時の一体感、グルーヴ感が本当に楽しくて、このままで終わりたくないと思っていました。色々な方の力を借りて、このような形で皆さんに届けることができるようになりました。素直に嬉しいです。技術は持っていないし、決してうまくはないけれど、純粋に音楽を楽しみ、音楽を伝えていきたい、そんな思いのつまった僕らなりの音楽です。今回、カバーさせて頂いたGreeeeNさんの曲は盛り上がれるしグッとくるし、良い曲です。グリーンボーイズとして大切に歌います。

横浜流星

ただただ、驚いています。大好きなGreeeeNさんのメンバーの一員を演じさせて頂き、歌を歌わせて頂きその歌がリリースされるということは、この上なく幸せな気持ちです。新生グリーンボーイズとしてGReeeeNさん同様、沢山の方の心に響く歌を歌いたいです。

成田凌

お話を聞いたとき、驚きや照れや喜びや、たくさんの感情が組み合わさり、実感もなく、ただ、「そうなんだ。」と思ったのを覚えています。よく考えてみたら本当にいことで、未だ実感がわかず戸惑っています。ただ、声がコンプレックスで歌が苦手だと悩み続けていた先日までの僕に報告してあげたいです。

杉野遥亮

初めて聞いた時は本当にビックリしました!でも、時間が経つにつれて実感も湧いてきましたし、やる気にも満ちています。みんなで一緒に、撮影中に培ったものを音楽という形で表現できる幸せに感謝しています。

■GReeeeN HIDE コメント

このお話を聞いたときは、驚いたとともにとても嬉しく思いました。歌も聴かせていただきましたが、僭越ながら僕たちと同じ種類のエネルギーを感じざるをえません。

少し恥ずかしくもなりましたが、とても魅力的に思いました。この度、「道」「声」「キセキ」をカバーして頂きますが僕らにとてもとても大切な曲達をグリーンボーイズならではのパワーで新たに皆さんにお伝えしていって頂けたらと思います!