フジテレビ系では、10月15日(土)夜9時より土曜プレミアム「芸能人が本気で考えた!ドッキリさせちゃうぞGP」を放送する。

本番組は、東野幸治とウエンツ瑛士がMCを務め、芸能界の荒波にもまれてきた人気者たちが“ドッキリクリエイター”として、“自分で考えたドッキリVTR”を作って披露し、グランプリ作品を決めるという新しい切り口のドッキリ特番。

“ドッキリクリエイター”には、ヒロミ、堀内健、陣内智則、ビビる大木、小峠英二と、バラエティーを知り尽くした面々がそろった。

収録を終え、東野は「なぜホリケンをブッキングしてしまったんだろうなと、ホリケンのドッキリVTRを見て思いました」と語たった。「面白いことがポンポン思い浮かんでくる」と豪語した“自由人”・堀内が本気で考えたドッキリの内容とは?

また、東野とウエンツはMCでありながらドッキリも考案し、“ドッキリクリエイター”として参加。東野は「ウエンツくんはアイドルだったから今まではなかったと思うんですけど、この放送を機に事務所もオッケーを出していくと思いますので、これからはどんどんドッキリにかかっていくんじゃないですか」と言うと、ウエンツは「いや、僕はミュージカルスター一本に絞ってますから! バラエティーは腰掛けでやってるんで!!」とすかさず否定した。

そんな東野、ウエンツをはじめ芸能人たちが考えた渾身(こんしん)のドッキリの中で、最優秀作品賞に輝くのはどの作品なのか?