株式会社スクウェア・エニックスが、アプリゲーム「星のドラゴンクエスト」の新CM「1周年LIVE・伝説の装備」篇と「1周年LIVE・モガふりチャレンジ」篇を、10月15日(土)より全国で順次放映開始する。

同CMは、アプリゲーム「星のドラゴンクエスト」のリリース1周年として制作されたもので、本田翼と狩野英孝が出演。

「1周年LIVE・伝説の装備」篇では、本田演じる主人公がマイクパフォーマンスで会場を盛り上げる中、狩野も負けじと自身の持ちネタを披露。しかし、会場全体が静まり返ってしまうといった内容。

一方、「1周年LIVE・モガふりチャレンジ」篇では、本田と会場の観客が「モガふり」を楽しみ、狩野が持つスライム風船が、“ふりふり”するたびに巨大化。風船の巨大化におびえる狩野の表情が楽しめる内容となっている。

撮影は、ドラゴンクエスト一色のステージとエキストラ約300人、特殊効果を使った演出で行われ、本当にイベントを行っているような、熱い盛り上がりを見せた。

そんな中、撮影の合間では本田と狩野が、「ベビーサタン」に扮(ふん)した狩野の衣装の特徴であるおなかの膨らみをなでて遊んだり、狩野の持っているスライム風船で遊んだりする一幕も。

撮影終了後、狩野は「演出とはいえ、僕が『ラーメン、つけめん』と言った後、会場がシーンとなるのは寂しかったです。あと、翼さんの冷え切った目も、“いじられてる感”がすごかったです」と告白。

一方、本田は「今までと少し違って、みんなで一体となって作ったCMなので、そこが見どころだと思います!」とアピールした。