10月14日より、映像配信サービス「dTV」にて、8月末に開催された国内最大級の夏フェス「a-nation stadium fes. powered by dTV」に参加した浜崎あゆみ、BIGBANG、AAA、SKE48ら総勢17組に及ぶアーティストのライブパフォーマンスを、VRで順次配信。

dTVは、他の映像配信サービスに先駆けて取り組んできた音楽ライブの生配信に続き、今度は「a-nation stadium fes.―」とタッグを組み、ライブステージを360度パノラマ撮影が出来る特殊なVRカメラを使って撮影し、ライブのVR配信に挑戦。

メインステージ以外にも、スタジアム中央に延びる花道や会場を周回するトロッコなど、会場のあらゆる場所に約40台のVRカメラを設置し、ライブ会場を駆け巡るアーティストのパフォーマンスを臨場感そのままに超至近距離から収めている。

今回配信する「a-nationライブVR」は、普段は見られないパフォーマンス中のリアルな“表情”やステージ上の“熱量”、アーティスト視点に立って見ることができる会場を埋め尽くすファンの“一体感”まで、ライブ会場では味わえないバーチャルリアリティーならではの迫力の臨場感が体感できる。

そんな「a-nationライブVR」配信第1弾として、AAA「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」、Da-iCE「TOKI」、lol-エルオーエル-「ladi dadi」、和楽器バンド「暁ノ糸」の全4曲のライブパフォーマンスを公開。

続く10月21日(金)配信の第2弾にはET-KING、倖田來未、三浦大知が、第3弾(10月28日金曜)はAcidBlackCherry、防弾少年団、SKE48のパフォーマンスを配信。そして第4弾(11月4日金曜)には「a-nation stadium fes.―」初日のヘッドライナーを務めたBIGBANGやiKON、SonarPocket、第5弾(11月11日金曜)にはDAIGOの他、最終日のヘッドライナーを務めた浜崎あゆみやTRF、超特急のライブの配信が予定されている。