瀬戸康史が「チョーヤ梅酒 紀州」の新CMに出演。10月14日から全国でオンエアされる。

「チョーヤ梅酒 紀州」は、今年で発売30周年を迎えるロングセラー商品。今回オンエアがスタートする新CM「紀州『人と大地』篇」に、プライベートでも「チョーヤ梅酒」が大好きだという瀬戸が起用された。

「紀州『人と大地』篇」は、商品の原料となっている日本一の梅の産地・紀州を舞台に、「人と大地」にフォーカス。紀州うめ促進部に配属された地方公務員を演じる瀬戸が、素朴で温かみのある農家の人たちと出会い、梅林の“土”が他と違うということを知っていく。

“紀州=良い梅”の秘密を少しずつ知っていく瀬戸の、ほのぼのとしたヒューマンタッチなドラマCMによって、「チョーヤ梅酒 紀州」の新たな魅力を伝えている。

今回の撮影で初めて紀州を訪れたという瀬戸は、その自然の空気に触れ「すっごく気持ちいいです」と魅了された様子。撮影の合間には、CMに出演している本物の梅農家の人たちと談笑し、飾らない気さくな人柄で梅農家の人たちの緊張をほぐしていた。

さらに、瀬戸のよく通るソフトな声に農家の女性陣はうっとり。「チョーヤ梅酒 紀州」を飲むシーンでは、普段から梅酒が大好きという瀬戸ならではの表情が見られる、リアリティに富んだCMとなった。

webで公開中のCMメイキングでは、そんな瀬戸のプライベートな表情が楽しめる。また、新CMを記念して「twitter限定!『チョーヤ梅酒 紀州』新CM記念プレゼントキャンペーン」もスタート。「チョーヤ梅酒 紀州」イメージキャラクター・瀬戸の直筆サイン入りのボトルが、抽選で30人にプレゼントされる。